大学院理工学研究科

研究

研究活動

研究活動の詳細については、各部門(コース)のホームページを参照してください。
教員ごとの研究テーマ一覧はこちら
教員の研究成果の一部を例として紹介しています。
教員の研究成果は、埼玉新聞のサイ・テクこらむにも掲載しています。

生命科学部門(生命科学コース) Division of Life Science (Course in Life Science)

分子生物学領域 Area of Biochemistry and Molecular Biology
生体制御学領域 Area of Regulatory Biology

  • Assembly and Dissociation of Functional Protein Complexes
  • Behavior, Learning and Aging
  • Biochemistry and Functions of Plant and Bacterial Lipids
  • Biochemistry and Functions of Plant Polysaccharides
  • Cell Proliferation
  • DNA Repair and Cell Death
  • Evolutionary Aspects of Genes and Cellular Functions
  • Endocrinology and Nerve System Regulation
  • Molecular Biology of Stress Responses and Tolerance
  • Molecular Embryology and Morphogenesis
  • Plant Cell Morphology and Ultra structures
  • Plant Molecular Physiology
  • Regulation of Bacterial and Eukaryotic Gene Expression

物質科学部門(物質科学コース)

物質基礎領域
物質機能領域

  • 素粒子・原子核の相互作用と構造、宇宙の進化と宇宙線起源、凝縮系を対象とした理論的・実験的研究
  • ヘテロ原子の特性をもつ新規化合物の合成・構造解析・反応性に関する研究、および新合成反応の開発
  • 高導電性、超低熱膨張性などの高機能性無機材料の合成、固体触媒の開発
  • 無機物質、有機分子、生体高分子、機能性分子などの新規物質の創製
  • 原子・分子の配置、組織化に関する新しい測定・評価法および新規物質の研究・開発
  • 機能分子解析を対象とした物質の性質や反応の解析および、新機能性物質の探求
  • 光学活性有機化合物や有機金属錯体の材料開発ならびに分子設計手法による新材料の合成

数理電子情報部門(数理電子情報コース)

数理領域
電気電子システム領域
情報領域

  • 数理現象の代数的な仕組みを理解する代数構造
  • 数理現象に空間的な考察を加える幾何構造
  • 数理モデルに登場する関数の微分や積分を分析する解析構造
  • Research works in the fields of optoelectronics, superconductor electronics, and electronic measuring technology in order to develop new semiconductor materials, high performance electronic devices, and sensor systems.
  • 電気エネルギーを信頼度高く高効率で伝送、制御するための高電圧技術、絶縁技術およびプラズマ工学に関する研究。電気機器およびロボットの制御理論と技術の開発。
  • Studies on key technologies forming the basis for highly-networked information society, including communication and information technology, microelectronics, antenna and microwave engineering, and intelligent transport system.
  • 情報関連の基礎理論とその応用を追求する数理情報学
  • コンピュータやネットワークの基盤科学技術に取り組む計算機科学
  • 人間や社会との協調を主軸に据えたメディア情報学

人間支援・生産科学部門(人間支援・生産科学コース)

生産科学領域
人間支援工学領域

  • 材料科学、生産科学、熱流体科学
  • ロボティクス・メカトロニクス、ダイナミクス・デザイン

環境科学・社会基盤部門(環境科学・社会基盤コース)

環境科学領域
環境計画領域
社会基盤創成領域

  • 人間並びに諸生物が生存する様々な圏域における多様な環境問題のメカニズムの解明とその解決
  • 人間社会が自然生態系と共存しつつ持続可能性を高めていく手法の構築
  • 循環システム、計測制御、生態環境
  • 地域計画設計、河川・海岸の環境計画
  • 構造・材料システム、地震工学、環境地盤工学

連携先端重点研究部門(連携先端研究コース)

粒子宇宙科学領域
脳科学領域
融合電子技術領域
重点研究(1)分子環境工学領域
重点研究(2)構成的情報生物学領域
重点研究(3)フロンティアフォトニクス領域
重点研究(4)融合ヒューマンインタラクション領域

  • 重イオン加速器から発生する不安定粒子等を用いた原子核物理学の実験的研究
  • 宇宙での重元素合成の過程に関するγ線等の観測
  • 重元素合成過程そのものに関する理論的研究
  • 粒子検出器・宇宙放射線測定装置の開発研究
  • 脳の発生、脳・神経ペプチドの機能解析、認知脳科学
  • 核融合プラズマの制御技術
  • ハード化した高密度電子システムインテグレイション技術
  • ワイドギャップ半導体をもとにしたパワー電子デバイス

戦略的研究部門

戦略的研究部門の詳細はこちら

各領域の詳細については、下記を参照してください。

グリーン・環境領域
ライフ・ナノバイオ領域
感性認知支援領域

教員紹介

重点研究テーマ

 ●先端物質によるフロンティアフォトニクスの創成
 ●ヒューマンインタラクションの解明に基づく人間支援の脱領域的研究
 ●環境共生・防災機能強化型都市域の創生とアジアにおける実践
  ― 都市周辺部の環境・防災系統合解析と適用 ―

共同教育研究施設(研究科案内へ)

埼玉大学学内の共同教育研究施設

連携先研究機関

 連携先研究機関の詳細はこちら

  • 独立行政法人 理化学研究所(略称:理研、RIKEN)
  • 独立行政法人 産業技術総合研究所(略称:産総研、AIST)
  • 埼玉県 環境科学国際センター
  • 埼玉県立がんセンター 臨床腫瘍研究所
  • 自治医科大学 大学院医学研究科

共同研究

理工学研究科では共同研究の申し込みを随時受け付けています。オープンイノベーションセンターのページを参照してください。