本学理工学研究科は、本学理学および工学系教員をベースに、理化学研究所、埼玉県環境科学国際センター、産業技術研究所、埼玉県立がんセンター、埼玉県産業技術総合センターなどの研究機関との連携を通して、高度な基礎研究から産業に直結した応用研究まで、学生の探究心に応じて幅広く学ぶことができる場です。近年の科学技術の進歩はめざましく、より深く、より広く発展し続けており、自身の専門となる学問分野を深く学んで極めることは当然として、幅広い知識をも備えた優れた研究者や高度技術者が望まれています。本研究科では、高度な専門性を有する教員団と幅広い分野の学修が可能となる柔軟なカリキュラムにより、現代社会が必要とする高度な研究者・技術者の育成を行っています。 本学理工学研究科のもう一つの特徴としては、多くの留学生が在籍していることです。学問に国境はないので“留学生”という言葉自体が適切でないようにも思いますが、世界から集まる優秀な教員、研究者、学生と議論を戦わせることで、異なった見方や多彩な考え方を学ぶことができることも本学大学院の特徴です。 自然科学においては、理学、工学を問わず、その根底には“自然の摂理”が存在します。理学は自然の摂理を見いだすことが使命であり、工学はそれらを応用して社会、あるいは人類を豊かにするための技術を創り出すことが使命だと思いますが、いずれにしても自然の摂理を良く理解することが重要であることは言うまでもありません。私は、工学部出身であり、生粋のエンジニアだと思っていますが、“エンジニアリング”つまり“工学技術”においても自然の摂理を良く理解し、その上に創られた技術こそが社会の発展に寄与できるものと思っています。このような観点から、理学と工学が融合した理工学研究科は、理学者、工学者双方にとって、お互いを学び、刺激し、より一層発展できる最適な場です。 近年の科学技術においては、明らかにすべき真理や解決すべき課題がより一層、高度で複雑になっており、その世界で活躍できる人材となるためには、膨大な知識の修得と論理的思考力の鍛錬が必要です。そのような機会は長い人生の中でも極、限られた時期しかなく、まさに大学院における学びがその時期にあたります。長い人生の中で頭脳が最も冴えており、思考に必要な充分な時間がある大学院における貴重なときを、是非、本学理工学研究科で過ごしてください。 学生諸君の夢を叶えることができるよう、教職員一同、できる限りのサポートをします!

理工学研究科長 黒川 秀樹