大学院理工学研究科

生命科学系専攻

 21世紀は生命科学の世紀と言われており、今後、生物を対象にした研究の重要性がますます高まると考えられる。生物は生体物質から細胞、個体に至るまで多くの階層から構成されており、各階層が相互に影響し合う複雑なネットワークにより生命現象が支えられている。本専攻はこれら生命現象に関与する物質的基盤から、遺伝情報の担い手であるDNAおよび細胞内各種膜構造体の構造と機能、遺伝情報の伝達・発現の制御機能、外部環境に応じた生体の恒常性維持調節などを総合的に研究し解析している。このような生命現象に関わる物質と制御機構の解明と理解を通して、独創的な研究者となるために必要な生物学の幅広い知識・学力・見識を備えた人材の育成を目指した教育を進めている。

分子生物学コース

鉄硫黄クラスター生合成マシナリー中心成分、IscUの結晶構造。非対称な三量体構造の中に1つの鉄硫黄クラスターを含んでいる

鉄硫黄クラスター生合成マシナリー中心成分、IscUの結晶構造
非対称な三量体構造の中に1つの鉄硫黄クラスターを含んでいる


 分子生物学コースでは、生体分子、遺伝子、細胞のはたらきを、ゲノム情報を利用して解析する手法を学ぶことができる。生化学・分子遺伝分野では、大腸菌や枯草菌のゲノム情報を利用した、シグマ因子や二成分制御系による遺伝子発現制御に関する研究、細菌の膜脂質の生理機能に関する遺伝学的・細胞生物学的研究、原始紅藻類をモデル生物とした遺伝子および細胞の進化に関する研究、および高等植物を材料にした細胞壁関連酵素の活性同定と遺伝子解析に関する研究が行われている。分子・細胞生理分野では、ラン藻類や高等植物のゲノム情報を利用したストレス(乾燥、熱、低温、凍結、強光等)応答や耐性に関する研究、膜脂質の生合成分子機構、細胞内輸送および生理機能に関する研究、植物油脂の生産性の向上をめざした基礎研究、細胞膜の物質輸送体タンパク質の機能解析およびCAM型光合成遺伝子の発現制御に関する研究などが行われている。

>> 分子生物学コースのホームページはこちら

生体制御学コース

中脳と小脳の境界で蛍光タンパク質を発現させたゼブラフィッシュ胚の脳

中脳と小脳の境界で蛍光タンパク質を発現させたゼブラフィッシュ胚の脳


 生体制御学コースは、生体情報、生体機能、生体適応に関わる三分野より構成されている。生体情報制御学分野は、菌類の遺伝子発現機構の解析、DNA修復および細胞死の研究、脊椎動物や無脊椎動物の分子発生学研究および発生における遺伝子発現調節機構の解析を行っている。また、生体機能学分野では、哺乳類を用いた神経・内分泌の調節生物学研究、行動・学習と老化の研究、培養細胞を用いた細胞増殖・分化の研究、昆虫の発育分化と環境応答機構、新規有用タンパク質の構造と機能の研究を進めている。生体適応学分野では、ストレス応答を含む植物環境応答と情報伝達機構、組織培養による細胞分化・形態形成過程の解析、植物細胞の微細構造と機能の相関の研究を行っている。本コースでは、上記研究を担当している教員からそれぞれの専門分野の講義を受け、最先端の知識を得ると共に、研究遂行に必要な研究戦略および種々の研究手法を学ぶ。

>> 生体制御学コースのホームページはこちら