埼玉大学

梶田隆章先生 2015年ノーベル物理学賞受賞

梶田隆章先生

「ニュートリノ振動の初観測」により、
2015年ノーベル物理学賞受賞

 私たちの身体、動物、植物、水、自動車など、地球上にあるあらゆるものは小さな原子からつくられています。たとえば水は水素と酸素という原子が結びついてできています。その原子を構成するもっと小さな粒子を素粒子と呼びます。あらゆる物質の最小単位が素粒子、ニュートリノはその素粒子の仲間のひとつです。
 ニュートリノは、それ自体に質量がないといわれていました。しかし、梶田さんは『スーパーカミオカンデ』での実験により、ニュートリノにはわずかながら質量があり、姿を変えること(ニュートリノ振動)を世界で初めて発見しました。

梶田 隆章

Kajita Takaaki

略歴

埼玉県東松山市出身
1981年 埼玉大学理学部物理学科卒業
1986年 東京大学大学院理学系研究科博士後期課程修了

現職は東京大学宇宙線研究所所長・教授
埼玉大学卒業後、東京大学大学院で小柴昌俊先生(2002年ノーベル物理学賞受賞)、戸塚洋二先生の指導のもと、カミオカンデ実験にあたる。
その後、宇宙線研究所助教授などを歴任し、1998年大気ニュートリノを観測することで、ニュートリノに質量があることを提唱し、2015年ノーベル物理学賞を受賞。

ニュース

16/10/17
山口学長がノーベル賞受賞者・梶田隆章先生と対談を行いました
16/05/10
本学卒業生 梶田隆章先生 埼玉県民に向けた特別講演会を開催しました
16/04/27
本学卒業生 梶田隆章先生 ノーベル物理学賞受賞記念講演会・植樹式を開催しました
※当日の映像有り
16/03/04
山口学長が梶田先生 さいたま市民栄誉賞授与式に列席しました
16/02/02
山口学長が列席した東松山市名誉市民称号授与式・記念講演会及び懇談の様子が東松山市の広報誌に掲載されました
16/01/21
ノーベル物理学賞受賞梶田隆章先生よりお礼状をいただきました
16/01/18
山口学長が梶田先生 東松山市名誉市民称号授与式に列席しました
16/01/12
山口学長及び弓道部員が梶田先生 埼玉県民栄誉章贈呈式に列席しました
15/12/18
ノーベル物理学賞を受賞された梶田隆章先生(1981年理学部物理学科卒業)の特別番組がテレビ埼玉で放映されます
15/12/02
2015年ノーベル賞受賞祝賀レセプションに山口宏樹学長と佐藤丈准教授が出席しました
15/11/05
「梶田隆章先生 ノーベル物理学賞受賞記念展示」期間延長のお知らせ
15/11/02
ノーベル物理学賞受賞 梶田隆章先生 母校埼玉大学へ凱旋!
15/10/13
学長メッセージのページに『梶田氏のノーベル物理学賞受賞の報を受けて』を追加しました
15/10/06
梶田隆章氏のノーベル物理学賞受賞について

学長メッセージ

本年のノーベル物理学賞を梶田隆章氏が、その優れた業績により、受賞されましたことに心から敬意を表します。

埼玉大学は、時代を越えた大学の機能である知を継承・発展させ、新しい価値を創造することを基本的な使命とし、学術研究の拠点として存在感のある総合大学を目指しています。本学理学部の卒業生であり、在学中は弓道部で活躍され、文武両道を果たされた梶田氏のノーベル賞受賞は、本学学生、卒業生及び教職員の大きな励みとなるとともに、大変喜ばしく思います。

この受賞を契機に、埼玉大学としても、学術研究の推進と人材育成機能の強化により一層まい進する所存です。

平成27年10月6日

埼玉大学長 山口 宏樹