埼玉大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ニュース一覧

梶田隆章賞を設立 次世代の若手研究者育成を目指して

2018/1/30

埼玉大学はこのたび、1981年に本学理学部物理学科を卒業し、2015年ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章先生(現在:東京大学宇宙線研究所所長・教授)の栄誉を称え、梶田先生に続く次世代の若手研究者の育成を推進することを目的として、「梶田隆章賞」を今年度設立いたしました。本学は今後も若手研究者育成、輩出に邁進していく所存です。

梶田隆章賞の概要

設立の目的 埼玉大学は、1981年に本学理学部物理学科を卒業し、その後、2015年ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章先生(東京大学宇宙線研究所所長・教授)の栄誉を称え、梶田先生に続く次世代の若手研究者の育成を推進することを目的として、「梶田隆章賞」を設立いたしました。これは、梶田先生からのご寄附をもとに、設立するものです。
表彰対象者 当該年度の学部卒業生のうち、学業において優秀な成績を収め、かつ特に高い研究者への志(研究者マインド)を有し、大学院修士または博士(前期)課程に進学(予定)の者1名

同賞は当該年度の卒業式で表彰され、賞状(クリスタル盾)、および副賞として奨学金5万円が授与されます。なお、平成29年度の卒業式の概要は下記のとおりです。

〔平成29年度卒業式〕
日 時:平成30年3月27日(火) 午前11時00分 開式(10時50分までに入場)
場 所:大宮ソニックシティ 大ホール (さいたま市大宮区桜木町1-7-5)

同窓生が交流する「第7回埼玉大学ホームカミングデー」に登壇した梶田先生
(2017年10月21日に開催)

【参考リンク】

梶田隆章先生2015年ノーベル賞受賞記念特設サイトこのリンクは別ウィンドウで開きます