“埼大人”の魅力を
あらゆる角度から掘り下げる
オンラインマガジンです

2024/02/27

【教育学部】子どもの豊かな成長に欠かせない自己肯定感を高めるには?

教育学部 生活創造専修/吉川研究室

本学教育学部の吉川はる奈教授が取り組むのは、生活と子どもの発達の関係に根差した研究――。人は、家庭や地域、社会など、様々な生活の場を通じて成長していくものですが、「子どもが生活の中で豊かに成長していく姿を生涯発達の視点から捉えることを目指す」という研究とは一体どのようなものなのでしょうか? 吉川教授に語っていただきました。

なぜ自己肯定感を高めることが重要なのか?

子どもの心身の健康な育ちを支える環境づくりをめざし、「児童学」を専門に研究をしています。特にその中で私は「子どもが生活する姿」を子育て・保育・教育現場というフィールドで捉え、育ちと支援につなげることにこだわり進めてきました。

つまり子どもが生活する場に出かけ、目の前の子どもの行為、姿を観察し、子どもを支える家族や教員にインタビューや質問紙調査をしながらすすめます。

教員養成学部にきてからは、「自己肯定感」と子どもの育ちにもフォーカスした研究をしてきました。人間が集団の中で他者の存在を認めるには、まず自分という存在を受け入れることが重要です。自分の在り方を「これでいいかな」と認める、肯定することが大事。でも簡単ではありませんね。

どうしたら子どもが「自己肯定感」が高まるような経験ができるか、それを生み出すにはどのような活動をしたらよいか、考えていきます。

子どもの成長の場は学校だけに限りません。小学生が放課後を過ごす学童クラブや児童館にもフィールドとしてでかけます。

地域の子どもたちが放課後を過ごす場ですが、活き活きとした子どもの姿があります。子どもの活動を支える大人とのやりとりで生じるさまざまな変化、子どもがみせる姿を、客観的に観察し、その結果をフィードバックしながら支援スタッフと一緒に自己肯定感を高めるための支援の方法を考えたりもします。

大切なのは目の前の子どもたちを観る(みる)こと

たとえば子ども同士でケンカが起きたとします。大人の多くはとにかくケンカを止めようとするでしょう。ケガをしないように、早くその場をおさめなければと考えるからです。

もちろん安全第一ですが、「子どもの自己肯定感を醸成する」ことを視野に入れるといつでもまず止めて、方法をアドバイスし、指示することが必ずしもよい方法ではありません。

ケンカ自体は自己主張のぶつかり合い。ケンカ自体が成長のきっかけになりますよね。

時々刻々変わる状況の中で目の前の子どもの姿を丁寧に観て、気持ちを受け止めることは大事なんです。だから目の前の子どもを観ることが基本。

子どもの多様な特性を発見するために

研究の最終的な目標は、子どもが「生活」の「主体者」として豊かに成長できる社会の実現。そのために教育現場、学校が果たす役割が大きいことはいうまでもありません。

先生たちには子どもたちの「自己肯定感」を高めるため、ひいては豊かな成長を促すために幅広い視野をもって子どもに接することが求められます。

教育学部の学生たちには将来、そのような幅広い視野をもつ教員になってほしいなと思っています。

また、学生たちには「子どもイコールかわいい」という先入観だけで捉えることはしてほしくない。確かに子どもはかわいい。でも本当にそれだけなのか。

生活のさまざまな場面で観察し、いろいろな側面からみると、多様な特性を発見できますよ。そこがおもしろい。

この研究の本質は「人とのかかわり方を考えていく」こと。「育つこと」を捉え、「育てる」ことに還元すること。

児童学研究室は、埼玉大学教育学部では小学校の教員、中学校・高校の家庭科教員になりたい学生が数多く所属する生活創造専修の中にありますが、家庭科という枠組みの中には収まりきらない研究テーマといえるかもしれませんね。

吉川教授からメッセージMessage

専門性を突き詰めながら、多様な視点に触れられる

 ゼミに参加する学生には、自分の生活を楽しみながら成長できるような人になってほしいです。将来、教員になった後も成長します。成長し続けるには、そのようなマインドが必要ですから。
 そのためには、偶然の出会いを「縁」だと面白がれるような気持ちをもてるとよいですね。何でも「自分にあわない!」といって、遠ざけるのではなく、まずは何にでも興味をもってみる。そうすることで楽しいと思えるシーンが増えていくのではないでしょうか?
 埼玉大学の教育学部の特徴は、多様な考え方に触れ合えるところだと考えています。
 例えば、共通科目の講義は、異なる学部の学生が一緒に受講します。そこでは各学部ならではのユニークな視点からの意見や質問が挙がることがしばしば。同じことを聞いて、自分とは異なる発想をする人の考えに直に触れられる場があるのはとても贅沢なことです。すべての学部が1つのキャンパスにある埼玉大学だからこその特徴ですが、そのような環境で過ごす大学生活はとても面白いものになると思います。

先人たちが築いてきた地域との信頼感が研究のしやすさに直結

 研究者としての立場から見ても、埼玉大学の環境は魅力的だと思います。
 まずは研究者同士、互いに認めあう雰囲気が醸成されているのはありがたいです。研究しやすいのはもちろん、皆、前向きに研究に取り組んでいるので、とてもよい刺激を日々受けています。
 また、研究において大きなウエイトを占めるフィールドワークを行う上で、「埼玉大学でよかったな」と思うことはよくありますね。
 フィールドワークの現場は、県内・周辺の学校や支援の場ですが、多くの協力を得ています。それは、これまで大学が長年にわたって築いてきた地域の方々との信頼関係があるからこそだと思います。

関連タグ

Related article

2020/08/30

【教養学部】本物の文章、偽の文章とは何だろう?を考える

2021/07/23

【教養学部】 昔ながらの暮らしぶりを守るアーミッシュの伝統文化の確立と日常生活の関係性を考察する

2020/08/29

【工学部】仕事のコツを自ら学ぶロボットを開発して人の暮らしを豊かにしていくために

2024/03/28

【工学部】 人と人の関係性をよくするためにロボットや機械はどうあるべきなのか――を考える

ALL VIEW

CATEGORY

ラボ探訪

最先端の研究成果を誇る埼大ラボ。その裏側に迫ります。

在学生の活躍

サークルや学問などの分野で活躍する埼大生の姿を追います。

国際交流

海外留学の経験者や留学生の生の声をお届けします。

キャリア教育

埼大生の未来を切り拓く、大学側の取り組みをお知らせします。

サークル紹介

埼大の顔ともいえる、個性豊かなサークルにフォーカスします。

卒業生紹介

世界に羽ばたき活躍するOB・OGのメッセージを紹介します。

Pagetop