2017年2月8日更新

2017年度 英語授業で使用するパソコンについて



 埼玉大学では、英語スキル教育の一環として、E-ラーニングシステムを使用したパソコンによる英語学習を必須としております。
 英語の授業は原則として必修であり、対面形式の授業とE-ラーニングを合わせた授業となります。E-ラーニングについては授業時間外に自宅や大学内等において各自パソコンで学習を行い、英語の基本的な技能や知識を修得するというものになります。このE-ラーニングを含めた英語授業を受講するためにはパソコンが必要となります。
 英語教育に限らず、パソコンを活用する場面は、他の授業での使用、授業のレポート作成や卒業研究等の論文作成、シラバス閲覧や履修登録などインターネットを利用した学生向けサービスの利用、就職活動など多く存在し、学生生活を送る上でパソコンは必要不可欠であると思われます。
 入学に際し、家計への負担は相当なものと拝察いたしますが、本学の教育方針をご理解いただき、是非パソコンをご用意いただくようお願いいたします。
 なお、英語教育開発センターでは、E-ラーニングを大学内で学習する方のためにPCルームを用意しております。


● E-ラーニングを利用する際に必要なパソコンの仕様

項目 仕   様
画面解像度 横1024ピクセル×縦768ピクセル以上
OS Windows7以降のWindows OS(Mac OSも可)
ブラウザ Internet Explorer, Google Chrome, Mozilla Firefoxなど
(Windows10に搭載のMicrosoft Edgeは不可)
プラグイン Adobe Flash Player 10以上
オーディオ機能 音声出力端子
入力機器 日本語キーボード
ソフトウェア セキュリティソフト
その他 ヘッドホン・イヤホンなど

【問い合わせ先】
埼玉大学英語教育開発センター事務室
電話: 048-858-9236
Eメール: cllewsの次に、@gr.saitama-u.ac.jpをつけてください。※

※迷惑メール防止のため、メールアドレスの直接表記をしていません。

©2013 Saitama University Center for English Education and Development. All rights reserved.