“埼大人”の魅力を
あらゆる角度から掘り下げる
オンラインマガジンです

2023/12/15

「畳の上の格闘技」とも称される頭脳スポーツに夢中!

埼玉大学競技かるたサークル いろは

Profile

(左から)

会長
理学部 数学科 3年
髙田脩矢さん
(埼玉県立熊谷西高等学校出身)

前会長
理工学研究科 物質科学専攻 物理学プログラム 修士1年
石田洋音さん
(横浜市立横浜総合高等学校出身)

小倉百人一首が書かれた札を取り合う「競技かるた」。最近では、この競技を題材にした漫画がヒットしたことなどを背景に競技人口も増えているようですが、埼玉大学にも競技かるたに青春をかける学生たちが存在します。今回は彼らが所属する「埼玉大学競技かるたサークル いろは」の会長と前会長にサークルの活動内容や競技かるたの魅力について話を聞きました。

知れば知るほどハマってしまう競技かるたの奥深い魅力

競技かるたは、小倉百人一首を使った頭脳スポーツ。試合は一対一で行われます。
まず各選手は下の句が書かれた100枚の取り札からランダムに選んだ25枚の札を自分の陣地に配置。そして、読手が読む上の句の対となる下の句が書かれた札を取っていきます。結果、自陣の札を先になくせば勝ちになるのです。
ルールはとてもシンプルですが、勝負に勝つには単に100の歌を覚えればよいというわけではありません。ここが競技かるたの奥深いところです。


例えば、相手の陣地内の札を取ったら、相手の陣地に自分の陣地から札を送りますが、この時にどの札を選ぶかが勝敗を左右することも。相手が取ることを狙っていそうな札を相手方に送れば、相手の感覚を狂わせる可能性があるからです。
もちろん自陣の札を並べるときに自分に有利な配置にすることも重要です。つまり、札を取るだけでなく、札をどう扱うかも勝敗に影響するのです。


初めて競技かるたの試合を目の当たりにした人は、札を取る瞬間の迫力に驚くことが多いのですが、上手に札を取るには瞬発力と無駄のない身体の使い方も必要。記憶力や判断力だけでなく、状況に合わせて戦略を組み立てる頭脳と体力が求められるのです。
また、性別や年齢に関係なく誰でも楽しめるのも競技かるたの特徴の1つ。小学生でも大人と対戦して、十分に渡り合える――そんなスポーツは競技かるたくらいかもしれません。
いずれにせよ、やればやるほどその奥深さに気づかされ、どんどん夢中にさせられてしまう魅力が競技かるたにはあるのです。

上位リーグ昇格を目指して活動中!

サークルとして掲げている大きな目標は、年に1度開催される「全国職域学生かるた大会」に出場し、好成績を収めることです。この大会では、同じ学校や企業、組織のメンバーで構成する5人1組のチームによる団体戦で、A~E級の5つの組に分けたリーグごとに試合が行われます。
リーグ内で16位以内に入れば上位リーグに昇格できますが、私たちが所属しているのはE級。まずは上位のD級への昇格を目指して日々の練習に取り組んでいます。


通常は、月・水曜日の18時から21時30分までが活動時間ですが、あえてサークルメンバーに参加を強いることはしていません。活動への参加はメンバーの自主性に任せるのが、私たちの活動方針だからです。
ですので、とにかくたくさん練習して腕を磨きたい人やカジュアルにかるたを楽しみたい人など、競技かるたに対するスタンスはメンバーによって様々。しかし、みんな「競技かるたが好き」という思いは変わりません。
言うなれば「埼玉大学競技かるたサークル いろは」の最大の役割は「かるたを楽しむ場」を提供することなのです。


「かるたを楽しむ場」を提供する対象は、埼玉大学の学生だけにとどまりません。
2023年6月には、埼玉県内のかるた会である「けやきスクエア」と「ちはやふる富士見」とコラボして、大学内の柔道場でかるた大会を開催。県内の高校生を招いて試合を行い、大盛況のうちに大会を終えることができました。
2023年の12月には、2回目の大会も計画していますが、今後も継続的に行っていきたいと考えています。

魅力たっぷりの競技かるたを一緒に楽しもう!

競技かるたの試合は1時間を超えることは珍しくありません。その間は常に集中していなければ勝利することは困難です。おかげで、競技かるたをはじめて集中力が身についたと思います。
また、先にお話しした通り、試合に勝つには、相手の思惑や戦況を的確に把握しながら、戦略を立てることも重要。そのような意識をもってかるたを続けてきたことで、大局を俯瞰する力が磨かれたかもしれません。


サークルに参加し、競技かるたを続けてきて、よかったなと思うことは多々ありますが、一番の収穫は競技かるたの楽しみを知れたことです。
「埼玉大学競技かるたサークル いろは」は未経験者大歓迎です。実際に、サークルのメンバーは、大学に入ってから競技かるたに触れた人が大半。はじめは百人一首を覚えるのがちょっと大変ですが、覚えてしまえば、あとは楽しむだけ。埼玉大学に入学したら、まずは気軽な気持ちで見学に来てください。ぜひ一緒に競技かるたを楽しみましょう!

 

年間スケジュールMessage

4月 新入生歓迎会
6月 他団体共催競技かるた大会
8月 全国職域学生かるた大会(E級)
11月 むつめ祭(競技デモンストレーションなどを実施)
12月 他団体共催競技かるた大会
2月頃 合宿

関連タグ

Related article

2021/03/30

【吹奏楽部】部員全員で美しく心地よいハーモニーを響かせたい!

2021/08/24

創部以来初のインカレ出場経験を糧にさらなる高みを目指す!

2022/06/17

スピード感と華麗な動きが魅力のエキサイティングなスポーツに夢中!

2022/07/29

ビートにのって クール&スタイリッシュにパフォーマンス!

ALL VIEW

CATEGORY

ラボ探訪

最先端の研究成果を誇る埼大ラボ。その裏側に迫ります。

在学生の活躍

サークルや学問などの分野で活躍する埼大生の姿を追います。

国際交流

海外留学の経験者や留学生の生の声をお届けします。

キャリア教育

埼大生の未来を切り拓く、大学側の取り組みをお知らせします。

サークル紹介

埼大の顔ともいえる、個性豊かなサークルにフォーカスします。

卒業生紹介

世界に羽ばたき活躍するOB・OGのメッセージを紹介します。

Pagetop