埼玉大学 工学部
2018年4月 埼玉大学工学部は変わります。 工学の専門性を発展的に応用する力を養う新たな教育が始動します。

埼玉大学工学部へようこそ!

WELCOME TO THE FACULTY OF ENGINEERING, SAITAMA UNIVERSITY

令和2年度の入試情報はこちら

カリキュラムの概要

埼玉大学工学部では、現代社会が遭遇する諸問題を科学技術の立場から解決し、未来の幸福な社会の構築に貢献できる、世界に羽ばたく科学技術者・研究者の育成を目ざしてカリキュラムを構築しています。
工学部のカリキュラムは、物事を多面的に考える能力とその素養となる「基盤科目」、国際的に活躍するための英語によるコミュニケーション能力を養う「外国語科目(英語)」、自然科学全般に対する幅広い視点を身につける「理工系基礎教育科目」、工学系人材に必須な基盤的素養・職業倫理観を身につける「工学部教養科目」、各学科の専門教育の根幹をなす「学科専門基礎科目」および「学科専門科目」に加えて、平成30年度から全学科共通の教育プログラムとして導入する“イノベーション人材育成プログラム”のための「イノベーション科目」からなります。
工学部のカリキュラムでは、講義に加えて、講義と密接に連携した演習・実験・実習を通して、学習内容をしっかりと身につけることができます。最終年次である4年次には、学習の総まとめとしての卒業研究を履修します。特に卒業研究では、国立大学法人ならではのきめ細かな指導を教員からマンツーマンで受けることにより、実社会で活躍するための総合力を養います。
緑が多く、落ち着いた雰囲気の埼玉大学キャンパスで学んでみませんか!

開講科目の紹介

イノベーション人材育成プログラムの紹介

大学院への進学

埼玉大学工学部では、専門家としての高い素養を身につけた技術者・研究者を育成するために、大学院への進学を積極的に推奨しています。埼玉大学の大学院理工学研究科は、理学部・工学部を融合した専攻で構成されています。基礎から応用までを学生の興味に合わせて幅広く学ぶことができる大学院は、両学部を設置している埼玉大学の大きな特徴です。

ニュース

平成31(2019)年4月より、環境社会デザイン学科2号館(建設工学科2号館)がリニューアルされました。注目点として、これまで講義専用だった32番教室については可動式机の採用と間仕切りの設置により、講義だけでなくグループワークなどのアクティブラーニングにも使用できるように改装しました。 生まれ変わった新しい建物で是非、一緒に学びましょう。

環境社会デザイン学科2号館  32番講義室