埼玉大学

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • ロボットで遊んで学ぶ、プログラミング教室を開催しました(教育学部 野村泰朗 准教授)

ロボットで遊んで学ぶ、プログラミング教室を開催しました(教育学部 野村泰朗 准教授)

2022/4/6

2月20日(日)、教育学部 野村泰朗准教授が「メリンちゃんを動かそう!~小学1年生からはじめるプログラミング」と題した教室を開催しました。
さいたま市宇宙科学館で行われた教室には、小学1年生から3年生の親子8組が参加し、ロボットで遊びながらプログラミングを学びました。

今回使用した埼玉大学マスコットキャラクターメリンちゃんの姿をした「メリンぼっと」は、野村准教授が開発したロボット教材。パソコン不要でプログラミングを体験できる教材で、前後左右に動く、止まるといった指令を、背中のボタンを押すだけでプログラムすることができます。
このメリンぼっとに、「川を避けて学校に行こう」といったミッションが出され、参加した親子が挑戦しました。

野村准教授は「パソコン上ではなく、実際にモノを動かすプログラミングの方が実感を持って理解することができます。メリンぼっと自体の仕組みは単純なので、動画サイト等を参考にご家庭でも簡単なロボットを作って遊んでみては。」と提案。
参加者からは、「はじめはうまくいかなかったけれど、どうやったら思い通りに動かせるのか考えるのが楽しかった」「また参加したい」との声をいただきました。

埼玉大学マスコットメリンちゃんの姿をした「メリンぼっと」

体験する親子を見守る野村准教授

参考URL

野村 泰朗(のむら たいろう)|研究者総覧このリンクは別ウィンドウで開きます