埼玉大学

研究トピックス一覧

  • Home
  • 研究トピックス一覧
  • 受託研究「数学授業における関数電卓実用化とグローバル展開」のHPが更新されました(教育学部 松嵜昭雄准教授)

受託研究「数学授業における関数電卓実用化とグローバル展開」のHPが更新されました(教育学部 松嵜昭雄准教授)

2022/7/28

本学がカシオ計算機株式会社と締結した受託研究「数学授業における関数電卓実用化とグローバル展開」(研究代表者:松嵜昭雄)にて実施している産学協同プロジェクトが、新たなフェーズに入りました。

本プロジェクトHP https://edu.casio.com/ja/products/events/case02/このリンクは別ウィンドウで開きます

将来、算数・数学科においても、関数電卓をはじめとするICT機器の使用を前提とする教材と授業準備が必要となることが予想されます。本プロジェクトは、中等教育段階の数学科教員が、恒常的に関数電卓を用いて数学授業をおこなえるようになることを目指しています。特徴は、埼玉県内や都内の教員として活躍している研究室の卒業生・修了生が、ワークショップを計画・実施している点です。本学で学んだ彼らの豊富なアイデアと確かな実践をもとに、「教材」「指導案」「関数電卓の操作方法」「実践事例」のパッケージを準備し、算数・数学授業の一助となることが期待されます。

今年度より、新たにプロジェクトメンバーが加わり、本プロジェクトの全国展開を目指して活動を展開しています。

参考URL

埼玉大学教育学部 松嵜昭雄研究室このリンクは別ウィンドウで開きます