埼玉大学

研究トピックス一覧

  • Home
  • 研究トピックス一覧
  • 企業を衰退させるイノベーションの欠如を対話を通じて解消する(大学院人文社会科学研究科 宇田川 元一 准教授)

企業を衰退させるイノベーションの欠如を対話を通じて解消する(大学院人文社会科学研究科 宇田川 元一 准教授)

2019/3/25

本学人文社会科学研究科(経済系)の宇田川 元一 准教授は、「企業の持続的な成長に必要なイノベーションを生み出す組織はどうやって作れるか」 を課題とした研究をおこなっており、対話を基軸とした組織の生成プロセスを研究しています。

組織の生成プロセスに関しては、社会構成主義に基づいたナラティヴ・アプローチなど様々な研究視座がありますが、その基軸は対話にあります。

こうした視点は、ビジネス誌「PRESIDENT」や「Forbes JAPAN」をはじめとする雑誌や、「Biz/Zine」や「NewsPicks」といったWebメディアに多く取り上げら れており、注目を集めています。イノベーションが今求められている状況におけるナラティブ・アプローチや対話の重要性について紹介されておりますので、皆様ぜひご覧ください


※宇田川准教授の研究は、本学広報誌「サイダイコンシェルジュ」(vol. 28)でも紹介しております。

「サイダイコンシェルジュ」vol. 28より抜粋
(クリックするとPDFで表示されます)

参考URL

宇田川 元一(ウダガワ モトカズ)|埼玉大学研究者総覧このリンクは別ウィンドウで開きます