埼玉大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

研究トピックス一覧

  • Home
  • 研究トピックス一覧
  • 大学院理工学研究科 綿貫啓一教授らがiDECON 2018 Best Paper AwardおよびBest Presentation Awardを受賞

大学院理工学研究科 綿貫啓一教授らがiDECON 2018 Best Paper AwardおよびBest Presentation Awardを受賞

2018/10/4

本学大学院理工学研究科 綿貫啓一教授(先端産業国際ラボラトリー所長)らが2018年9月17-18日にマレーシアで開催されたiDECON 2018 (The 7th International Conference on Design and Concurrent Engineering)国際会議にてBest Paper AwardおよびBest Presentation Awardを受賞しました。

右から綿貫教授、小野寺誠氏(日立製作所/埼玉大学大学院)、Nur Izyana Faradila Binti Azmi氏(埼玉大学工学部)、岡野英幸氏(創健/埼玉大学先端産業国際ラボラトリー)

・Best Paper Award, The 7th International Conference on Design and Concurrent Engineering (iDECON 2018)
M. Onodera (Hitachi/Saitama University,大学院博士後期課程・大学院生), M. Hariya (Hitachi), C. Kongo (Hitachi), M. Shintani (Hitachi), K. Ki (Hitachi) and K. Watanuki (Saitama University): “Development of mesh generation technique reusing proven models by similar sub-part search for complex thin parts”

・Best Presentation Award, The 7th International Conference on Design and Concurrent Engineering (iDECON 2018)
N. I. Faradila (Saitama University,工学部機械工学科・学部4年生), H. Okano (Soken Medical/Saitama University), R. Takahashi (Saitama University), T. Kondo (Saitama University), H. Ishiwatari (Soken Medical) and K. Watanuki (Saitama University):“Analysis of the Effects of an AC Electromagnetic Field Exposure in Microcirculation of Humans by Using a 2D Laser Speckle Flowmetry”

参考URL

日本機械学会Webサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

大学院理工学研究科綿貫啓一教授Webサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

先端産業国際ラボラトリーWebサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます