埼玉大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

研究トピックス一覧

日本結晶成長学会論文賞を受賞(理工学研究科 吉川洋史准教授)

2017/12/11

理工学研究科の吉川洋史准教授が日本結晶成長学会第34回論文賞を受賞しました。この賞は、内外の権威ある学術雑誌などに印刷公表された原著研究論文、総合論文および解説等の研究論文の中で、特に結晶成長学の発展に貢献した優れた論文の会員著者(個人又はグループ)に授与されるものです。

氏名 吉川 洋史(ヨシカワ ヒロシ)
 >研究者総覧このリンクは別ウィンドウで開きます
所属・職名 理工学研究科・准教授
受賞題目 レーザーアブレーションによる結晶成長モードの能動制御と大型タンパク質結晶作製への応用
受賞理由 タンパク質結晶を破壊することで大型化するという従来までの考え方を覆す世界初の革新的技術の開発や、タンパク質の大型結晶作製とそれを利用したタンパク質分子構造の解明が促進されることなどが評価されました。

>詳しくは日本結晶成長学会ウェブサイトをご覧くださいこのリンクは別ウィンドウで開きます

中央)吉川准教授、右)京都府立大学の丸山美帆子特任講師(共同受賞者)

【吉川准教授のコメント】

この度は、日本結晶成長学会第34回論文賞という栄誉ある賞を頂き、大変嬉しく思っております。授賞対象となった論文では、レーザーで結晶を壊すことで大きくするという、従来にはない全く新しい結晶育成アプローチを提唱しました。本研究は、私が学生時代から取り組んできたレーザーの研究をきっかけとしたものでしたが、共同受賞の丸山美帆子先生をはじめとする異分野の先生方との共同研究により大きく花開かせることできました。

これまで本研究をご支援いただきました全ての先生方・学生さん、また素晴らしい研究環境を与えていただいた埼玉大学に心より御礼申し上げます。また、私の研究生活を陰ながら日々支えてくれた妻と子供にも深く感謝します。今後も新しい科学の創成に向けて日々精進していきたいと考えております。

贈られた賞状

【参考リンク】

“壊すことで大きくする”革新的なタンパク質結晶育成法を開発 ~様々なタンパク質の機能解明に期待~(大学院理工学研究科 吉川洋史 准教授 共同研究)|研究トピックスこのリンクは別ウィンドウで開きます

理学部ウェブサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

大学院理工学研究科ウェブサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます