埼玉大学

研究トピックス一覧

  • Home
  • 研究トピックス一覧
  • 新生児黄疸の原因となる生体内の反応機構を世界で初めて解明(大学院理工学研究科 高橋康弘教授 共同研究)

新生児黄疸の原因となる生体内の反応機構を世界で初めて解明(大学院理工学研究科 高橋康弘教授 共同研究)

2017/2/7

概要

埼玉大学大学院理工学研究科の高橋康弘 教授は、宮崎大学 和田啓 准教授と久留米大学 杉島正一 准教授を中心とする研究グループ(農研機構・大阪大学・久留米高専の研究者ら)に参画し、血液の分解プロセスの最終段階であり、新生児黄疸の原因にもなる生体内反応の仕組みをタンパク質の立体構造解析法を駆使して明らかにしました。これまで有効なクスリがない黄疸の治療薬開発に大きな手掛かりを与えました。

本研究成果は2017年2月7日に英国科学誌『Nature Communications』このリンクは別ウィンドウで開きますで公開されました。

図.ビリベルジン還元酵素の結晶状態での反応
結晶状態で酵素反応を進めると、ビリベルジンとビリルビンの混合状態を示す色(黄緑色)に変化する。
(BV:ビリベルジン、BR:ビリルビン)

詳しい研究内容について

新生児黄疸の原因となる生体内の反応機構を世界で初めて解明〜50年以上に亘る謎を分子レベルで解き明かし、治療薬開発に手掛かり〜(プレスリリース)PDFファイル

【参考リンク】

英国科学誌『Nature Communications』オンライン版このリンクは別ウィンドウで開きます

髙橋 康弘 (タカハシ ヤスヒロ)|研究者総覧 このリンクは別ウィンドウで開きます