埼玉大学

研究トピックス一覧

  • Home
  • 研究トピックス一覧
  • 色のバラツキが少なく、視認性に優れ疲労低減特性のある自動車内装照明用LEDの蛍光体層開発(大学院理工学研究科 綿貫啓一教授 共同研究)

色のバラツキが少なく、視認性に優れ疲労低減特性のある自動車内装照明用LEDの蛍光体層開発(大学院理工学研究科 綿貫啓一教授 共同研究)

2016/08/19

埼玉大学大学院理工学研究科綿貫啓一教授は株式会社朝日ラバーと共同して、自動車の内装照明用の光源として用いられるLEDの色のバラツキを低減するとともに、視認性向上や疲労低減機能を付加するための蛍光体層を開発しています。さらに、LEDの分光分布の視認性や疲労に対する影響について、心拍、脳波、脳血流等の生体指標から定量化する研究を行い、蛍光体層の配合で視認性向上や疲労低減効果の機能性を付加した製品化を目指しています。

本取組みは、経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業として、2015年度から3年間採択され、製品化を視野に研究開発を行っています。

本研究成果の一部は、2016年8月16日付け日刊工業新聞に掲載されました。

【参考】

綿貫啓一(ワタヌキケイイチ)|大学院理工学研究科 戦略的研究部門