埼玉大学

研究トピックス一覧

  • Home
  • 研究トピックス一覧
  • 生体膜の機能制御に関わる多様なスフィンゴ脂質分子を一斉に定量分析する技術を確立(大学院理工学研究科 石川寿樹助教・川合真紀教授 共同研究)

生体膜の機能制御に関わる多様なスフィンゴ脂質分子を一斉に定量分析する技術を確立(大学院理工学研究科 石川寿樹助教・川合真紀教授 共同研究)

2016/08/01

スフィンゴ脂質は環境ストレス応答を初めとする情報伝達のプラットフォームとしてはたらく生体膜マイクロドメイン構造の形成に寄与しており、高ストレス耐性植物の分子育種標的として期待されています。しかしながら、植物には少なくとも数百種に及ぶ多様な構造をもつスフィンゴ脂質分子種が存在しており、その代謝系や個々の分子機能はまだよくわかっていません。

今回、本学大学院理工学研究科の石川寿樹助教・川合真紀教授は、東北大学大学院農学研究科との共同研究により、植物がもつ多様なスフィンゴ脂質分子種の構造を迅速に決定し、全分子種を網羅的に一斉定量分析する新技術を確立しました。さらに多変量解析などの統計学的手法を組み合わせることにより、重要作物かつ単子葉モデル植物であるイネにおけるスフィンゴ脂質の組織特異的分布や、脂質合成異常変異体における代謝動態を定量的に捉えることに成功しました。

本成果は、2016年7月25日に、英国科学誌The Plant JournalのTechnical Advancesオンライン速報版として公開されました。

【参考】

詳細はこちらからご覧ください(プレスリリース)

The Plant Journal ウェブサイト

石川寿樹(イシカワトシキ)| 研究者総覧

川合真紀(カワイマキ)| 研究者総覧