最近の主な研究内容

振動数依存性の高い地盤-基礎システムの振動数に依存しない構成要素からなる簡易モデルの発見と非線形構造部材からなる地上構造物との動的解析方法の提案について(ASCEに掲載) ---> 詳細

回転慣性機構を利用した変位抑制型の免震装置の開発
解説PPT公開中(音声あり) 実験映像1         (漸増調和振動の場合) 実験映像2       (実地震動の場合) 実験映像3       (実地震動の場合)

パイルドラフト基礎の強震時における有効性に関する研究(日建設計シビルと共同実施中)
 パイルドラフト基礎模型
地盤に埋設される基礎
上部構造物の設置(完成)
(Goit氏&引間氏:実験の合間に)

杭基礎の最適杭径に関する研究 (杭径は大きいほうが損傷は小さい、は本当か?) ---> 詳細

学生主体の研究内容

強震時における群杭基礎の有効長(active length)に関する研究(M2:Goit君)
近接建物群が基礎の地盤−基礎系の動的インピーダンスに及ぼす影響に関する研究(M1:坂田君)
地盤の非線形性を考慮した杭基礎の最適プロポーション(基礎径)の選定に関する研究(M1:Tamrakar君とB4:田中君)
強震時における地盤振動特性の推定法に関する研究(B4:有馬君)
余震により拡大する地震被害予測に関する研究(B4:井上君)
To main page