大学院理工学研究科

人間支援・生産科学コース

VR技術による熟練技能伝承システム

VR技術による熟練技能伝承システム


教育研究上の目的:
 生産科学技術および人間支援技術を核として、新たな機能を持つ人間親和型の生産機械システムや人間支援機械システムなど、社会的要請に基づく新機能システムを、物理現象の原理および実践的な工学手法に基づいて創成する能力を有し、さらにこの能力を有効に利用して各技術分野を世界的に主導していける研究者および高度専門技術者の養成を教育研究上の目的とする。
_______________________________
 生産科学は工学の中における基軸をなしており、特に日本のような技術立国においては生産科学の果たす役割は極めて重要になっている。生産科学が対象とする学問分野は広範多岐にわたっているのみならず、科学技術の急速な進展、情報化、国際化、社会的要請などによる柔軟性や、他の工学分野と有機的に結びつき相互に進展することが求められている。また、21世紀の社会では高齢化が急速に進展しており、生産技術とIT(情報技術)の融合により生産性を高度化することや高効率化するのみならず、人間とロボットが共生する豊かな社会基盤を創造し、それを実現するシステムを構築することが人間支援・生産科学技術の中核をなすと考えられる。
 このような生産科学が担うべき学問分野や社会的要求を鑑み、本コースには生産科学と人間支援工学の2つの領域をおく。生産科学領域では、材料科学、生産科学、熱流体科学を主たる学問分野とし、人間支援工学領域ではロボティクス・メカトロニクス、ダイナミクス・デザインを主たる学問分野とする。両領域が連携することにより、人間支援および生産科学における基礎分野から先進・応用分野および領域横断的な分野の先端的研究と教育を行う。