大学院理工学研究科

環境システム工学系専攻

 現代社会では人類文明がもたらした地球規模の環境問題を根本的に修復することが喫緊の急務となっている。
 本専攻は、人間を含む諸生物が生存する様々な圏域における地球規模の環境問題を解決すべき課題として認識し、現代の科学技術を駆使しつつ環境問題のメカニズムを解明してその具体的解決手法を提示するとともに、人間社会が自然生態系と共存しつつ持続可能性を高めていくために有効な解決策をシステムとして構築できる、優秀な環境システム工学の専門家の養成を目指す。
 本専攻には環境社会基盤国際コースおよび環境制御システムコースを置き、両コース共に国際的水準の教育を主に英語で行うカリキュラム体系を組むとともに、両コースで共通に開講する科目を設け、環境システムに関する高度な知識の習得を可能にする。

環境社会基盤国際コース

国際色豊かなゼミの風景

国際色豊かなゼミの風景


 環境社会基盤国際コースは、多様化していく社会的ニーズに応えるべく、社会自然環境と調和した社会基盤の計画・設計・施工・維持・管理技術を創造的に担う教育・研究を実践している。具体的には、1.地盤災害の予測・軽減、土壌汚染の把握・防止・浄化、大規模地下空間利用と地盤環境を担う環境地盤工学分野、2.地震発生の物理と波動、耐震、地震災害予測・防災を担う地震工学分野、3.安全で機能的な構造物の設計、人と環境に優しい構造物の創生、新材料開発やリサイクル技術を担う構造・材料システム分野、4.自然調和型の河川・海岸、利水・治水計画、防災を担う河川・海岸分野、5.アメニティ重視の都市設計、都市交通のあり方、開発途上国の社会基盤整備を担う地域計画設計分野で構成されている。これらの諸分野は、工学的知識を基礎とし、さらに人文社会科学、政治経済学、美術等をも取り入れた学問領域から成りたっている。

>> 環境社会基盤国際コースのホームページはこちら

環境制御システムコース

日本最大規模のビオトープが形成されている高速埼玉新都心線高架下

日本最大規模のビオトープが形成されている高速埼玉新都心線高架下

汚染物質の排出によって赤色化した揚子江

汚染物質の排出によって赤色化した揚子江


 環境制御システムコースは、地球環境保全の観点から、人間及び生物と環境の関わりを体系的に捉え、人間活動による環境への負荷を最小化する持続可能な循環型社会システムの構築に貢献する人材を養成する。本コースでは、環境に関心を抱く多様な教育歴を持つ学生を迎え入れ、大気汚染等の環境問題の解明に不可欠な環境科学の基礎と応用、環境の総合的な評価及び管理手法、環境と人間の相互作用、自然生態系のメカニズム、センシング技術を応用した環境変化の計測技術、省資源や省エネルギーに関わる物質循環技術や環境制御技術等、多岐にわたる環境諸分野を体系化したカリキュラムによる高度な専門教育を通じて、環境の仕組みと環境問題の本質への理解を深めると共に、地球環境の有限性に対する認識を深め、社会の持続的発展と環境保全の両立に資する科学技術的な環境制御システム手法の知見を備えた、指導的な役割を果たす専門家を養成する。

>> 環境制御システムコースのホームページはこちら