大学院理工学研究科

機械科学系専攻

 工学の基軸としての生産科学が対象とする学問分野は広範多岐にわたっており、その中でも機械系関連分野は他の工学分野と有機的に結びつき相互に進展することが求められている。本専攻は、生産性の高度化・高効率化を実現するとともに、人間とロボットが共生する豊かな社会基盤を創造しそれを実現するシステムを構築するための、生産科学技術の中核をなす人材の養成を目的としている。本専攻は、機械工学の基幹をなす機械工学コースおよび機械工学とロボット工学との融合分野を担うメカノロボット工学コースから成り、それぞれのコースにおける主たる学問分野に基づいた講義および研究指導をもとに、両コースが連携して人間支援型の生産科学分野を体系化し教育研究を推進する。

機械工学コース

マイクロフローの可視化計測

マイクロフローの可視化計測


 機械工学コースの主な学問分野は、材料科学、生産加工科学、熱流体科学である。本コースの教育システムは、主に当該分野に関する講義(材料力学、破壊力学、構造強度、材料工学、材料評価学、材料開発、生産工学、加工学、加工物性、精密工学、機械運動学、流体力学、気体力学、熱力学、燃焼工学、熱エネルギー関連)および各研究室における研究指導により成り立っており、さらにメカノロボット工学コースの講義の受講により、機械科学系全般にわたる最先端の知識を獲得できるシステムとなっている。また本コースにおける研究分野キーワードとして、弾性学、破壊力学、疲労、材料情報工学、知的材料、精密研磨、超精密切削、生産環境科学、機械要素、トライボロジ、爆轟波、超音速燃焼、PIV、CFD、マイクロフローなどが挙げられる。

>> 機械工学コースのホームページはこちら

メカノロボット工学コース

3自由度アクティブ除振装置

3自由度アクティブ除振装置


 メカノロボット工学コースの主な学問分野は、ロボティクス・メカトロニクス、ダイナミクス・デザインである。本コースの教育システムは、主に当該分野に関する講義(ロボティクス、マンマシンインターフェイス、機械システム制御、メカトロニクスシステム、バイオ情報計測、バイオメカニクス、バイオロボット工学、機械システムデザイン、機械システムダイナミクス、機械力学、動力学モデリング、動システム解析関連)および各研究室における研究指導により成り立っており、さらに機械工学コースの講義の受講により、機械科学系全般にわたる最先端の知識を獲得できるシステムとなっている。また本コースにおける研究分野キーワードとして、ヒューマンインターフェイス、制御工学、システム設計、生物模倣型機械、生体材料の適合性試験、形態と力学特性と人間感覚、自励振動、運動メカニズムなどが挙げられる。

>> メカノロボット工学コースのホームページはこちら

グローバル創成教育プログラム

光マニュピレーション実験

光マニピュレーション実験


 本特別教育プログラムは、文部科学省大学教育改革経費による3年間(2008〜2010年度)時限付特別コースを継承した特別教育プログラムである。大学・理化学研究所・企業が連携して行う教育体制が最大の特徴で、埼玉地区で盛んな光関連産業に必要とされる革新的生産技術を生み出せる創造的人材の養成を目指している。モノづくりの進展に寄与できる技術をグローバルな視点から結集し、創造的に問題解決ができる能力を養う教育を行う。