大学院理工学研究科

化学系専攻

 本専攻は,物質の性質や構造および機能についての化学的知識を基盤として,対象物質のスケールでマクロ(材料)化学,ナノ化学,分子化学の3分野に大別し,より幅広い知識の獲得とより深い専門教育の実施を目指す。基礎化学コースでは,化学の基礎としての物質の合成・性質・構造・反応・機能の探究,ならびに,新しい機能をもった分子や物質系の構築や研究を通して教育を行い,化学研究者や教育者として十分な知識・能力を有する人材の養成を目指す。応用化学コースでは,材料化学と環境化学を基盤として有機材料,無機材料ならびに環境関連のプロセスの研究を通して,広範な化学関連分野において製品の開発ができる化学研究者や化学技術者として十分な知識・能力を有する人材養成を目指す。

基礎化学コース

最先端の研究装置―超高速時間分解分光装置

最先端の研究装置―超高速時間分解分光装置


 基礎化学コースでは、「物質とは何か」というシンプルかつ深淵なるテーマについて、理学的視点に立って教育および研究を行っている。すなわち、無機、有機を問わずさまざまな物質の反応や性質を研究し、構成原子や分子の構造を調べ、新たな物質を合成し、さらに機能性の発現を目指している。1800万種類という膨大な数の物質が知られ、実際に使用されている現代社会においては、物質の性質や構造および機能を研究することは非常に重要である。
 教育においては、化学の研究者、教育者、技術者またはその周辺領域の科学を専攻するものに必要な知識と技術の習得、問題を発見し解決できる能力の開発、さらに自然科学における「化学」の役割を理解し、その重要性を認識した広い視野をもつ社会人の育成を目指している。この目的を効果的に達成するために、専門分野の講義や学外の講師による特別講義、研究室における論文輪講や研究報告会が行われる。さらに修士論文作成のために一つの研究課題に取り組み、研究の最前線を体得する。

>> 基礎化学コースのホームページはこちら

応用化学コース

円偏光二色性スペクトルの測定

新規機能を有する分離分析法の開発


 応用化学コースでは、地球環境との調和を目指した材料の合成、解析、あるいは分析に関する教育と研究活動を行っている。具体的には、3つの専門分野(無機材料化学・触媒化学分野、有機材料化学・プロセス工学分野、分析化学・環境化学分野)において、触媒、セラミックス、工業電解用の電極材料などを中心とした無機材料物質の開発、機能性色素、液晶、有機高分子などを中心とした有機材料物質の開発、化学反応を駆使した新規な分析法及び分析技術の開発、大気汚染に関する研究を推進している。
 教育においては、各専門の研究を推進することにより、高度な専門技術を有し、地球環境の視点から環境に調和した材料の開発を主体的に行い、科学技術者の社会的責任を十分に理解し、そして国際的な視野をもった人材の育成を目標とし、高度な専門基礎教育を実施するとともに各分野における研究内容を取り入れた専門教育を実施する。そのために、研究を通してその成果に関する口頭発表・討議を踏まえた効果的なコミュニケーション能力、報告書または論文の作成能力を体得する。

>> 応用化学コースのホームページはこちら