大学院理工学研究科

物理機能系専攻

 本専攻は、自然現象を種々の階層に亘って調べ、多岐にわたる物質の性質をその根源から明らかにする物理科学分野、および物質の本質と特徴を把握して新規な機能を発現させ、その機能を材料として設計・作製してデバイス化することに関連した機能材料科学分野で構成され、基幹的かつ最先端の教育研究を行い、幅広い視野を持ち、国際社会で活躍できる人材の養成を目指している。その目的達成の為に、物理学コース及び機能材料工学コースを置く。

物理学コ−ス

自ら作成した新物質を測定している大学生

自ら作成した新物質を測定している大学生


 物理学コ−スでは自然科学の基礎となる物理科学の基本と思考方法の修得を前提に、物理科学の研究や科学技術の分野で必要な柔軟な思考力と能動的な問題解決能力を備えうるように教育を行い、 高度な技術者および研究者の養成を目指す。具体的には、極微のスケ−ルから宇宙の巨視的スケ−ルまでの諸階層における構成基本粒子の構造と反応機構、基本粒子間の相互作用の仕組を明らかにする研究、最新の量子科学的手法(中性子散乱、NMR、μSR、種々の数値的・解析的理論計算など)を駆使し凝縮体の構造やダイナミックスの解明・新物質の作製とその多重極限環境下での物性の測定に関する研究を行う。種々の物質構造の基本や量子科学についての基本的理解はもちろんの事、研究の最前線の計算・観測・実験等の体験を通して問題解決能力を身につけ、情報収集の能力も備えた国際的にも通用する人材養成をはかる。

>> 物理学コ−スのホームページはこちら

機能材料工学コース

レーザー実験

レーザー実験


 機能材料工学コースは、物質の本質を学ぶことにより、原子、分子レベルで物質を設計し、制御して新規な機能性材料を合成・作製し、それを用いて社会の発展に寄与するデバイスを創出する研究を行っている。
 当コースには次の4研究分野がある。(1)量子井戸構造発光素子、低次元系の量子光物性、磁性半導体、アモルファス磁性等を研究する量子物性工学分野。(2)高周波磁性材料、ハードディスクに用いられる高密度記録薄膜・ヘッド材料、太陽電池等の半導体材料、誘電体材料、水素吸蔵材料を作製し、その物性を調べてそれらをデバイス化する量子デバイス工学分野。(3)ポリフィリン超分子材料、ポリシラン発光材料、分子認識機能を有する糖鎖カルボシランデンドリマー等を扱う分子設計・デバイス工学分野。(4)タンパク質やDNA等の生体高分子の進化を高速化できる進化分子工学、およびゲノムインフォマチィックスによりゲノムを解析し、その機能を発展させるゲノム工学を扱う生体高分子工学分野。

>> 機能材料工学コースのホームページはこちら