大学院理工学研究科

研究科長ごあいさつ

サンプルイメージ

理工学研究科長


 研究科長挨拶

理学と工学の相違についてはいろいろな言い方がされていますが、理学の目標は「真理の探究」で、工学の目標は「人類の幸福」であるという説明もあります。しかしながら、工学ないしそれを具現化した“技術”の発展に理学の進展が大いに寄与したことは、我々の周りを見回しても極めて数多くの実例が存在することが分かります。また、近年の理学における重大な進歩が、各種計測技術を初めとする工学や技術の進展により実現されていることも事実であると思います。医学、農学などの他の理系学問も目標は工学と同じ「人類の幸福」ですが、理学をベースにしていることも同様です。更に、社会科学や人文科学の進展にも理学や工学がおおいに寄与するなど、今日では複数の学問領域における協働が極めて重要になってきています。また、学問領域のみならず実社会の発展、大きな意味では文明の進展にも科学技術が多くの役割を果たしてきたし、今後も多くを依存していることは間違いないと言えます。
埼玉大学大学院理工学研究科では、学部としては独立して存在している理学部と工学部で1つの研究科を構成し、理学系分野と工学系分野のリソースを融合的且つ重層的に活用した教育と研究を進めています。理学と工学が融合した多様なプログラムを提供することにより、基礎から応用までの専門知識と関連知識を習得した高度専門職業人と学問の新領域、新技術、新産業を創出でき、世界で通用する研究者と技術者の育成教育を目指しています。加えて、学外の理化学研究所、産業技術総合研究所、埼玉県環境科学国際センター、埼玉県立がんセンター、国立環境研究所、物質・材料研究機構、量子科学技術研究開発機構と連携協定を結んでおり、それら組織に属している研究者である連携教授、連携准教授の指導の下で大学院生活を送ることもできます。また研究面では自治医科大学とも連携協定を結んでおり、本学教員と自治医科大学教員との連携の下で大学院生がそれぞれの興味関心に応じて学修・研究を行える環境が整っています。
埼玉大学出身者に限らず、他大学出身者、様々な国からの留学生、企業や研究機関に在籍しながら勉学・研究に励む社会人学生など多様な人材が結集して、埼玉大学理工学研究科をさらに盛り上げてくれることを期待します。

                           理工学研究科長 堀尾 健一郎