キャリアパス



本学では、職員1人ひとりが未来に向かって希望が持てるようになる職員改革を目指し、「埼玉大学SDトータル プラン」を作成しております。

このプランの概要は、職員ミッションの明確化、業務改善運動、キャリア形成、研修の体系化、教職協働プロジェクト等 から成り立っています。例えば、キャリア形成においては、主任以上への昇任基準は設けるが、基準はあくまでも目安で あり、年齢にこだわることなく能力のある者を昇任させることや、各種資格取得を奨励し必要な経費を一部補助すること となっています。

キャリアパスイメージ

キャリアパスを体現化した本学の福島学長室長が、国立大学法人等で働く先輩職員を紹介されていますので是非ご確認ください。
関東甲信越地区国立大学法人等職員採用試験事務室HP


このページのTOPへ


研修体制



本学では、階層別研修として、学内で行う新任職員研修や、新任職員フォロー研修、若手職員研修などがあり、また、 学外での研修についても積極的に参加していただいております。

次に目的別研修として、放送大学の聴講制度を利用した放送大学研修や英語研修などの研修を実施し、個人のスキルアップも 加味しながら、人材の育成を行っています。

研修体制




このページのTOPへ

研修制度のご紹介



-海外研修-


本学が採択されている「グローバル人材育成推進事業」の一環として実施している、事務職員の海外語学研修及び海外実務研修です。

平成24年度から平成26年度まで、計9名の職員が5週間にわたりオーストラリアでホームステイしながら、モナシュ大学で語学研修を実施しました。

また、昨年度(平成26年度)には、アメリカのネブラスカ大学オマハ校での3か月の実務研修に1名職員を派遣しました。


海外語学研修参加者の声


この研修での課題のひとつは、各自がオーストラリアの高等教育に関するテーマを決めて調査を行い、帰国後の報告会で発表することでした。各自、現地で情報を集めたりインタビューを行う等、英語力向上にもなりましたが、終わってみると大学職員としてとても勉強になる機会であったと感じています。テーマを考えるところから報告できる形にまとめるまで、自分の日常業務と向き合うことができ、また、オーストラリアの状況と比較することで日本の高等教育への理解を深めることもできる貴重な機会となりました。




このページのTOPへ