埼玉大学

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • ベトナムSATREPSダナン市廃棄物管理ワークショップが開催されました(大学院理工学研究科 川本健教授 共同研究)

ベトナムSATREPSダナン市廃棄物管理ワークショップが開催されました(大学院理工学研究科 川本健教授 共同研究)

2021/12/3

本学が進めているJST-JICA 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)「研究課題名:ベトナムにおける建設廃棄物の適正管理と建廃リサイクル資材を活用した環境浄化および及びインフラ整備技術の開発」の活動の一環として、「Evaluation of the implementation of solid waste classification at source in Da Nang city to serve the goal of sustainable waste management」と題したワークショップが、ベトナムダナン市で開催されました(ダナン市天然資源環境局、ベトナム天然資源環境省、SATREPSの共催)。ワークショップでは、ハノイ建設大学ホア学長、ダナン市天然資源環境局フン局長、ベトナム建設省フン事務次官から、ダナン市における廃棄物管理問題や今後のリサイクル推進、SATREPS活動に対する感謝の言葉が述べられました。その後、ダナン市天然資源環境局、SATREPSメンバー(ハノイ建設大学グエン副学長、トラン環境工学部長、埼玉大学川本教授ら)からSATREPSプロジェクト活動紹介、ダナン市の建廃管理調査報告、日本の建廃管理リサイクルの経験等が報告され、今後のダナン市における廃棄物管理改善に向けての意見交換や議論が行われました。また、ワークショップでは、ダナン市で実施したSATREPS建廃管理調査レポートがハノイ建設大学ホア学長からダナン市天然資源環境局フン局長に寄贈されました。

SATREPSプロジェクトでは、ベトナムの廃棄物管理改善やリサイクル推進に向けての技術協力・支援活動を今後も継続していく予定です。

ベトナムSATREPSプロジェクトに至る経緯

本学とハノイ建設大学(HUCE)とは、2011年の11月に大学間協定(MOU)を締結し、これまでも数多くの研究交流・学生交流を進めています。学生交流では、JASSO(独立行政法人日本学生支援機構)の留学生交流支援制度を利用した博士前期課程学生の相互派遣・受入を2011年度より行い、2015年度からは博士前期課程の共同教育プログラム(ジョイントマスタープログラム)を開始しました。そして、これらの交流実績をベースに、2018年からJST-JICA 地球規模課題対応国際科学技術協プログラム(SATREPS)を開始しました。

SATREPSホームページ

https://www.jst.go.jp/global/kadai/h2901_vietnam.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

http://park.saitama-u.ac.jp/~vietnam_satreps/このリンクは別ウィンドウで開きます

現地報道の一例

https://dsa.org.vn/xay-dung-thanh-pho-moi-truong-da-nang-len-kich-ban-xu-ly-chat-thai-ran-bai-1/このリンクは別ウィンドウで開きます

https://dsa.org.vn/xay-dung-thanh-pho-moi-truong-da-nang-len-kich-ban-xu-ly-chat-thai-ran-bai-2/このリンクは別ウィンドウで開きます

https://www.danang.gov.vn/web/guest/chi-tiet?id=46447&_c=100000150,3,9このリンクは別ウィンドウで開きます

https://baotainguyenmoitruong.vn/da-nang-thu-gom-hon-1-500-tan-rac-tai-nguyen-sau-phan-loai-rac-tai-nguon-334117.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

オンラインで講演する川本教授

SATREPSダナン市ワークショップの様子

SATREPS建廃管理調査レポートの寄贈

参考URL

川本 健(カワモト ケン)|研究者総覧このリンクは別ウィンドウで開きます