埼玉大学

ニュース一覧

第4期埼玉県SDGsパートナーに登録されました(埼玉大学)

2021/12/10

埼玉県SDGsパートナー登録制度とは、SDGsの取組を実施・公表する県内の企業や団体等を「埼玉県SDGsパートナー」として県が登録する制度です。登録された企業等の活動とSDGsとの関連性を明確にすることで、SDGs達成に向けた取組を促進し、企業等の価値向上及び競争力の強化を図るとともに、埼玉県と県内企業・団体等が共に「埼玉版SDGs」を推進することを目的としています。

登録証(クリックするとPDFで表示されます)

宣言書(クリックするとPDFで表示されます)

SDGs達成に向けた本学の基本的取組事項

分野 自ら率先して取り組む具体的な内容
①人権・労働 ○性別、年齢、障がい、国籍、出身などによる差別・セクハラ、マタハラ、パワハラ等のハラスメントを防ぐ教育体制や相談体制を整備している。
○多様な人材(女性、外国人、障がい者、高齢者等)が、十分に活躍できる環境の整備に取り組んでいる。
※多様な働き方実践企業認定制度 平成28年10月16日 プラチナ認定取得済
○教職員の職務に必要な能力開発等(SD)の制度を整備し、運用している。
○雇用形態に関わらず、同一労働同一賃金等の原則に沿って対応している。
②環境 ○エネルギー使用量・温室効果ガスの排出量を把握し、排出の抑制に取り組んでいると共に毎年、環境報告書を学内外に対して発信している。
○法令等で規制されている有害化学物質を把握し、使用量の抑制及び適切な使用に取り組んでいる。
○研究活動において生物多様性や生態系に悪影響を及ぼさない制度を構築し運用している。
○コピー紙使用量・廃棄物排出量の削減に取り組んでいる。
○リユース(繰り返し使う)に取り組んでいる。
③公正な事業慣行 ○汚職・贈収賄を禁止する方針、不正な行為に関与しない方針を掲げ、職員等に周知している。個人情報を適切に管理している。
○ワーク・ライフ・バランス等を推進する企業等を調達において幅広く評価する制度を運用している。
④製品・サービス ○地域課題の解決に向けた教育研究に取り組んでいる。
○自治体・企業・地域社会における課題やニーズの把握に積極的に取り組み、これらの多様な社会セクターと連携した研究活動等を推進している。
○【予定】 SDGsに貢献する研究者・技術者を育成する。
⑤社会貢献・地域貢献 ○公開講座、セミナー等を積極的に開催するとともに、高校生等の地域住民が大学教育に触れる機会を提供している。(公開講座・セミナー等の開催 60回/年)
○地元のイベントへ積極的に参加し、地域活動に貢献している。
⑥組織体制 ○業務の有効性及び効率性の向上、事業活動に関わる法令等の遵守の促進、資産の保全並びに財務報告等の信頼性を確保する内部統制システムの推進体制を構築している。
○リスクを特定・評価し、マネジメントするプロセス及び体制を整備している。

参考URL

埼玉県SDGsパートナーこのリンクは別ウィンドウで開きます