埼玉大学

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 埼玉大学における新型コロナワクチン職域接種(大学拠点接種)1回目を実施しました

埼玉大学における新型コロナワクチン職域接種(大学拠点接種)1回目を実施しました

2021/9/29

埼玉大学では、学生、教職員等の健康を守るため、また地域における感染拡大防止を図るため、学内における新型コロナワクチン職域接種(大学拠点接種)を実施しました。

9月13日(月)~17日(金)に1回目の接種が行われ2,187人が接種を受けました。ワクチン供給体制逼迫のため、当初の予定より1か月ほど遅れての実施となりましたが、無事に希望者に接種を行うことができました。
接種した学生からは、「自治体ではなかなか予約が取れなかったため、大学で接種できて良かった」との感想が聞かれました。

また、現在さいたま市内の薬局等で解熱鎮痛薬等が手に入りづらい状況を鑑み、1回目接種後、希望者に解熱鎮静剤カロナールを無償配布する取組も行われており、多くの学生が接種後に受取場所である保健センターへ足を運んでいました。

2回目の接種は、10月11日(月)~15日(金)に実施を予定しています。

本学はこれからも、感染拡大防止とより安全で安心な教育研究環境に努めてまいります。

接種会場の様子