埼玉大学

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 第25回JPIJS若手研究者のためのポスターセッションにて表彰状が授与されました(大学院理工学研究科博士前期課程1年 袴田拓海さん)

第25回JPIJS若手研究者のためのポスターセッションにて表彰状が授与されました(大学院理工学研究科博士前期課程1年 袴田拓海さん)

2021/6/22

袴田さんと指導教員の荻原准教授

5月24日、大学院理工学研究科博士前期課程1年 袴田拓海さんが、石油学会ジュニア・ソサイアティ(JPIJS)主催の第25回JPIJS若手研究者のためのポスターセッションにて、優秀なポスター発表を行った研究者と認定され、表彰状が授与されました。石油学会は、石油の探鉱、 開発、 生産、 精製、石油化学その他関連する科学と技術の進歩、 発展に寄与することを目指し、各界において活躍する科学者、技術者の交流の場を提供するなど、全体の発展のためとなる活動を推進している団体です。

JPIJS若手研究者のためのポスターセッションは、研究分野を特定せずに若手研究者同士がフリーな雰囲気で討論することを目的としています。袴田さんは、68名の応募者の中から選出された6名の一人に選ばれました。

受賞者 大学院理工学研究科化学系専攻応用化学コース
博士前期課程1年 袴田拓海さん
指導教員 大学院理工学研究科 荻原仁志 准教授
賞の名称 第25回JPIJS若手研究者のためのポスターセッション
受賞題目 プロトン交換膜を利用したアルコールの電解酸化

袴田拓海さんのコメント

私のテーマは、学会が主としているものではないため、受賞できるとは思っていませんでした。ですので、荻原先生が受賞を知らせてくださったときは、うれしさより驚きの方が大きかったのですが、このテーマで受賞できたということで、かえって自信を持つことができました。
今回はポスターセッションというかたちでしたが、今後は口頭発表に挑戦したり、論文執筆など一層研究に励んでいきたいと思っています。

研究室の仲間と一緒に

荻原仁志准教授より祝福コメント

袴田さんは、とても明るい学生です。フットワーク軽く研究に取り組んでいるので、データの情報収集が上手く、自分で考えながら実験を行っています。
今回、学会のメインストリームでない研究題目で受賞できたということは、研究内容やプレゼンテーション能力が高く評価された結果だと思いますので、これからもこの調子で頑張ってもらいたいです。

■埼玉大学の魅力をお伝えしているオンラインマガジン『SAIDAI CONCIERGE』にて、荻原准教授の研究室をご紹介しています。
 ぜひ、ご覧ください。

クリックすると、記事をご覧いただけます

参考URL

荻原 仁志 (オギハラ ヒトシ)|埼玉大学研究者総覧このリンクは別ウィンドウで開きます

公益社団法人石油学会ウェブサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます