埼玉大学

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 埼玉大学における新たな新型コロナウイルス感染者の発生について(34例目)

埼玉大学における新たな新型コロナウイルス感染者の発生について(34例目)

2021/2/1

 令和3年2月1日(月)、新たに本学の教職員1名の新型コロナウイルス感染が判明しました。
判明した事実は、現時点では、以下のとおりです。
 なお、本学では、感染者の人権尊重と個人情報保護のため、氏名等は公表いたしませんので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

⒈感染者の年代、本学での身分
 50代、教職員

2.行動履歴
 1月26日(火) 濃厚接触者に指定。
 1月29日(金) PCR検査を受検。
 1月30日(土) 朝から倦怠感があり、午後に38.2℃の発熱あり。PCR検査の結果「陽性」と判明。
 1月31日(日) 平熱となる。保健所の指導により自宅療養。
 
3.濃厚接触者
 無し

4.本学の対応
 保健所並びに関係機関と協力し、当該感染者の行動履歴の調査及び感染拡大を防止するための最大限の対策を実施しております。
 さらに、改めて、教職員と学生に対して注意を徹底するなど、感染拡大防止と安全で安心な教育研究環境に努めてまいります。

 なお、本学では今回判明した者を含め、累計で34名の感染が確認されております。感染した者の個人情報保護に関して、十分なご理解とご配慮をお願い申し上げます。