埼玉大学

ニュース一覧

【学生各位】新型コロナウイルス感染症への対応について

令和2年5月27日
6月1日追記
6月3日追記
6月18日追記

学 生 各位

埼玉大学長    .
坂 井 貴 文

新型コロナウイルス感染症への対応について

>Click here for English.このリンクは別ウィンドウで開きます

 本学は、令和2年4月7日付で埼玉県知事から発出された「埼玉県における緊急事態措置」、令和2年4月13日付で発出された「埼玉県における緊急事態措置(第2弾)に伴う臨時休業等の要請について(通知)」及び令和2年4月28日付で発出された「新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた臨時休業の延長等の措置について(通知)」に基づき、令和2年4月9日(木)から学生の入構禁止措置等を取ってきているところです。
 このような状況において、先般、政府による緊急事態宣言及び埼玉県知事による緊急事態措置が解除されました。また、埼玉県知事からの本学に対する臨時休業等の要請は、令和2年5月31日(日)をもって期限となりますが、本学は、学生の皆さんの健康を守るとともに、新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、これまで取ってきた対策については、下記のとおり延長・解除することとしますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
 なお、今後、国、埼玉県の動向等により変更がある場合には改めてお知らせします。

【大久保キャンパスについて】
令和2年6月1日(月)から令和2年6月7日(日)まで学生の入構禁止措置を延長します。
令和2年6月8日(月)以降にあっては、次に掲げる場合は入構を認めますが、それ以外の不要不急の入構は極力控えてください。
〇令和2年6月8日(月)以降
・所属する研究室にて研究する場合
(詳細については、学部、研究科、研究室の指示に従ってください。)
・図書館を利用する場合
・学生センター窓口に用事がある場合
〇令和2年6月18日(木)以降(第2ターム)
・実験、実習、実技を受講する場合

【東京ステーションカレッジについて】
令和2年6月1日(月)以降も当面の間、入構禁止措置を延長します。 

【図書館の利用について】
令和2年6月1日(月)から令和2年6月7日(日)まで閉館を延長します。
令和2年6月8日(月)から開館します。このリンクは別ウィンドウで開きます 

【学内外の課外活動及び課外活動施設の利用について】
令和2年6月1日(月)以降も当面の間中止とします。 
ただし、学外での活動について、都道府県知事が定めた施設の利用停止要請や自粛要請に抵触せず、かつ顧問が了承しているものについては活動を認めることとします。

【学生センター窓口について】
令和2年6月1日(月)から令和2年6月7日(日)まで窓口休止を延長します。
令和2年6月8日(月)から窓口業務を開始します。 

【留学生相談室について】
令和2年6月1日(月)から令和2年6月7日(日)まで対面による相談休止を延長します。
令和2年6月8日(月)から対面による相談を開始します。
(ただし、zoomによる相談も引き続き実施します。)

【なんでも相談室について】
令和2年6月1日(月)から令和2年6月7日(日)まで対面による相談休止を延長します。
令和2年6月8日(月)から対面による相談を開始します。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


1.授業(講義・演習形式)は、第2ターム終了までオンラインによる遠隔授業とします。
2.大久保キャンパスへの入構が認められた者のうち、学内において遠隔授業を受講する必要がある場合は、全学講義棟の講義室での受講が可能ですので、全学講義棟1号館入り口にある受付へ申し出てください。
3.利用可能となる施設の利用方法等については、別途ホームページで確認してください。
4.新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、マスク着用をお願いしておりますが、熱中症にならないよう、屋外において社会的距離をとることができる場合には、適宜マスクを外していただく等、柔軟に対応してください。
5.新型コロナウイルス感染症は、不顕性感染者となった者が、感染拡大を引き起こすことが知られています。6月19日以降、県外への移動は全面的に解除となりますが、現在でもクラスターが発生している東京の夜の繁華街への外出は、しばらくの間控えてください。学生の皆さんは、引き続き不要不急の外出をしないことはもちろん、県外への移動は控えてください。また、夜の繁華街への外出は自粛してください。さらに、密閉・密接・密集といった「3つの密」を避けるとともに、「人との接触を減らす10のポイント」や「新しい生活様式」を実践してください。これらの行動が結果として多くの人の命を救うだけでなく、日本の社会を救うことになります。早期に正常の日常を取り戻せるよう努力しましょう。

以上