埼玉大学

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 学生の皆さんへ(修学支援について)-学長メッセージを掲載しました

学生の皆さんへ(修学支援について)-学長メッセージを掲載しました

2020/5/13


埼玉大学長 坂井貴文

新型コロナウイルス感染症がいまだ終息せず、1ヶ月続いた緊急事態宣言も延長されました。今後、宣言が解除されたとしても、「新しい生活様式」として感染防止のための対応を引き続き求められます。ワクチンまたは有効な薬が開発されるまで、不便を覚悟しなければなりません。 

学生の皆さんは、新学期が始まっても大学への入構が禁止されており、新たな決意に水をさされた思いの方や、毎年行われる新入生歓迎行事もできずに残念に思っている方もいると思います。特に新入生の中には、入試の時にしかキャンパスに来たことがなく、大学生活のイメージが掴めずに不安を抱えている方も多いのではないかと危惧しています (*)。

近年、経験したことのない新しい感染症のパンデミックにより、短時間のうちに世界中が機能不全に陥りました。このような状況の中、本学も従来とは異なった大学運営とならざるを得ず、皆さんが様々な不安を感じ、不便な思いをしている事を大変心苦しく思っています。感染拡大が始まった本年3月から、我々教職員は皆さんのために何ができるのかを真剣に議論して支援策を行ってきました。今日は、これらの取組や多くの方々から寄せられた励ましの言葉をいくつか紹介することで、皆さんの不安を少しでも取り除き、前向きな気持ちを持ってもらえればと思います。

修学支援について

緊急事態宣言により外出自粛が要請され、人が集まる飲食業、イベント関係、学習塾なども大きな影響を受けていますが、皆さんの多くはこれらの業種に関連したアルバイトをしていると思います。休業や営業時間の短縮で思うように働くことができず、予定していた収入が得られずに困窮している方も多いのではないでしょうか。また、皆さん自身だけでなく、実家の家計急変により生活に支障をきたしている方もいることと思います。

このような中で、大学としてできる限りの支援をすべく、アルバイトなどの収入が減少して生活に困窮する学生を対象にした「埼玉大学緊急支援奨学金」このリンクは別ウィンドウで開きますを創設しました。本奨学金は、今まで埼玉大学生への支援として寄せられた「埼玉大学修学サポート基金」を活用しており、困窮度をみて、自宅学生に3万円、自宅外学生に5万円を返済不要の給付型奨学金として支援するものです。対象者は当面1200名程度としていますが、さらに広く教職員、同窓会、学生後援会、一般市民の皆様に困窮学生への支援を呼びかけています。すでに多くのご寄附が寄せられており、今後、可能であれば追加の支援策を実施したいと考えています。

ここで、ご寄付いただいた方々からのメッセージを一部紹介いたします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

〜ご寄附いただいた方々からのメッセージ(抜粋)〜

○コロナ禍に負けず学生の皆様が未来に大きく羽ばたいて頂きたいと思います。(卒業生・修了生)

○大学で学んだ勉強の仕方は一生役に立ちます。今大学で学んでいる大学生のみなさんは厳しい現実に直面していると思いますが是非乗り越えてもらえばと切に願っております。(卒業生・修了生)

○少額で申し訳ありませんが、せめて学生さんの1冊の本代にでもなればと、思います。(一般の方)

○ささやかですが、応援の気持ちを届けます。(教職員(退職者含む))

------------------------------------------------------------------------------------------------------

この他にも温かなメッセージが数多く届いています。学生の皆さんには、多くの方々が皆さんの学業の継続を望み応援してくださっていることを覚えておいて欲しいと思います。また、支援していただいた皆様にこの場を借りて深く感謝申し上げます。

大学はその使命として教育、研究、社会貢献を行っています。皆さんに納付いただく授業料などは、こうした活動を支える貴重な財源となっていることから、一律の減免は難しい状況です。しかし、授業料納付が困難な方には、授業納付期限の延長、分納などができるよう、本学独自の支援を開始しています。

一方、国では、授業料減免や日本学生支援機構(JASSO)の奨学金このリンクは別ウィンドウで開きますについて、新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合の支援が拡大されている他、困窮学生に対するさらなる支援拡充が議論されています。新たな支援情報はホームページや埼玉大学広報twitterで案内しますので、学資に困っている皆さんは、これらの支援も活用してどうか学業を諦めることがないようにお願いします。

修学支援、奨学金、授業料などでわからない点、不安な点がありましたら、遠慮なく総合相談窓口(学務部学生支援課生活支援担当048-858-3944)へお問い合わせください。

遠隔授業について

4月27日に授業が始まりました。皆さんも遠隔授業は初めてのことで戸惑いがあると思いますが、大学にとっても、本格的に講義形式の授業全てに遠隔授業を導入した経験はありませんでした。授業開始まで手探りの状況の中、必要な機材の強化やシステムの導入を行うとともに、教員に対する遠隔授業講習会を開催するなどして、急いで準備を整えてきたところです。しばらくは様々な行き違いや不具合があるかと思いますが、ひとつひとつ問題を解決しながら、遠隔授業の利点を最大限に取り入れ、教育の質をさらに高めるよう教職員一同全力で取り組んでいきますので、授業で困ったことがありましたら、教員または所属の学部係このリンクは別ウィンドウで開きますまでお問合せください。また、遠隔授業受講のために機材の準備が困難な方に向け、パソコンやWi-Fiルーターの貸与を行っています。支援が必要な方は、今からでも是非申し出てこのリンクは別ウィンドウで開きますください。

学生生活の相談について

皆さんの中に、感染防止のために実家に帰れず、また外出自粛によって部屋からも出られずに孤独を感じている方はいませんでしょうか? また、今後の生活に不安を覚えている方はいませんか? もし、何か力を貸して欲しいことや、話を聞いて欲しいことがありましたら、一人で抱え込まずに、遠慮なく所属学部・学科の教員、なんでも相談室このリンクは別ウィンドウで開きますまたは総合相談窓口(学務部学生支援課生活支援担当048-858-3944)へ連絡してください。

我々教職員は、このような厳しい状況の中、学生生活を送る皆さんの力になりたいと強く思っています。皆さんは決して一人ではありません。教職員一同、常に皆さんに寄り添い、全力でサポートする決意でいます。

2020年5月13日           .

*:まだキャンパスをよく知らない方は、埼玉大学キャンパスビデオツアーこのリンクは別ウィンドウで開きますを是非ご覧ください。様々な表情を見せてくれる素晴らしいキャンパスです。