埼玉大学

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 第17回埼大ワールドカップを開催 -県内企業5社と留学生がフットサルで国際交流-

第17回埼大ワールドカップを開催 -県内企業5社と留学生がフットサルで国際交流-

2019/12/3

11月23日(土)、キャプテン翼スタジアム 南与野にて第17回埼大ワールドカップが開催されました。埼大ワールドカップは、「フットサルを通して埼玉大学の留学生と埼玉県内の企業の国際交流を促進すること」を目的としており、主に学生の国際交流サークル「埼大ワールドカップ実行委員会」によって運営されています。当日は雨にもかかわらず、会場では多くの選手達の熱い試合が展開されました。

特に、今回は決勝戦がベトナムと中国の留学生チーム同士になったこともあり、大いに盛り上がりました。

今回は、企業から(株)オカモト、(株)アズ企画設計、リンク・パートナー共同組合、アパマンショップ、ポーライト株式会社(初参加)の5チーム、埼玉大学からは中国、ベトナム、ミャンマーの留学生3チームが参加しました。

また、直接の参加ではありませんでしたが、埼玉大学OBが経営している、お菓子のマスダック様から大会協賛品をご支援頂きました。

大会運営にあたっては、新たな学生実行委員2名と大会ボランティア2名が加わり、雨の中、多少混乱があったにもかかわらず、円滑に大会が行われました。新たに実行委員となった教養学部1年生の會田光穂さんからは、「留学生との交流やサッカーに関心があることに加え、参加企業の海外工場等でのグローバル・インターンシップに参加できることが魅力的」とのコメントがありました。

今大会の順位は下記のとおりです。

優勝 ベトナム(優勝2回目)  2位 中国  3位 (株)アズ企画設計

授賞式には顧問の長沢准教授も駆けつけ、多くの方のご支援のもと、無事に終えることができました。
次回は、来年5月に予定しており、フットサル大会に加えて交流会も予定しています。
参加者の皆さまありがとうございました!

雨の中白熱したプレーを繰り広げる選手達

優勝したベトナムチーム

次回も熱い戦いを!

参考URL

埼大ワールドカップウェブページこのリンクは別ウィンドウで開きます