埼玉大学

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 日本の対アジア大洋州外交について理解を深める-外務省アジア大洋州局参事官 田村氏による講義を開催しました

日本の対アジア大洋州外交について理解を深める-外務省アジア大洋州局参事官 田村氏による講義を開催しました

2019/7/22

講義後の記念撮影

埼玉大学教養学部では、日本と世界との結びつきを第一線で担って活躍されている方々を毎回講師にお招きし、講義や意見交換を通じてグローバルな問題を理解し、視野を広げ、自分の意見を形成することを目的とした講義「International Development Policy and Management」(担当:加藤 基 コーディネーター)を開講しています。

7月18日(木)は、外務省アジア大洋州局参事官の田村 政美氏をお招きし、「日本の対アジア大洋州外交」と題した講義を行いました。イントロダクションとして外務省での勤務経験や、在バングラデシュ大使館での勤務経験などについてお話しいただいた後、現在の日本と中国、韓国、北朝鮮、オーストラリア、南西アジア地域、ASEANとの関係についてお話しいただきました。特に中国・韓国・北朝鮮については、現在抱える諸問題についての歴史的背景等にも触れ、深く掘り下げて説明いただきました。実際にアジア大洋州との外交に携わる方からの講義に、学生は熱心に耳を傾けていました。

将来、国際的な仕事に就くことを希望する学生が多く受講するこの講義。質疑応答の時間には多くの質問が寄せられ、日韓関係、ホルムズ海峡を巡る問題、ロヒンギャ、地球温暖化、海外で働く上での食事事情等について丁寧に回答いただきました。

外務省アジア大洋州局
田村 政美 参事官

講義の様子

参考URL

International Development Policy and Management |ウェブシラバス このリンクは別ウィンドウで開きます