埼玉大学

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • メンデレーエフ周期律発見150周年 国際周期表年2019を応援します

メンデレーエフ周期律発見150周年 国際周期表年2019を応援します

2019/7/3

2019年は、メンデレーエフが元素周期律を発見してから150年目に当たることから、UNESCOによって国際周期表年 (International Year of the Periodic Table of Chemical Elements: IYPT) と宣言されました。
埼玉大学は、理化学研究所との共同研究において、アジアで初めて命名権が与えられた新元素「ニホニウム」発見に貢献したことから、国際周期表年2019を応援しています。

当時の様子(SU NewsLetter11号より) ※写真提供:理化学研究所

参考URL

国際周期表年2019 Webサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

国際周期表年2019 私たちの元素-産学からのメッセージ「ニホニウム」このリンクは別ウィンドウで開きます

SU NewsLetter11号(2017年5月発行)このリンクは別ウィンドウで開きます

新元素「ニホニウム」の命名記念式典に山口宏樹学長らが出席-本学大学院生がプロジェクトに参加-(2017年3月30日)このリンクは別ウィンドウで開きます

本学大学院生が参加する113番元素(ニホニウム)発見チームが、ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2016を受賞!(2016年11月11日)このリンクは別ウィンドウで開きます

「新元素113番」本学研究者等が合成実験に参加このリンクは別ウィンドウで開きます