埼玉大学

ニュース一覧

アメリカ・西オレゴン大学ご一行をお迎えしました

2019/6/25

本学は、1990年にアメリカ・西オレゴン大学(WOU)と大学間交流協定を締結して以来、教育学部を中心として交流を続けています。このたび、その協力関係をより深めることを目的とし、6月13日(木)と14日(金)の2日間、WOUよりXiaopeng Gong博士、Carmen Caceda博士、 Alicia Wenzel博士、 Marcus Wenzel博士の4名の専任教員をお迎えしました。

1日目 6月13日(木)

午前中に教育学部附属小学校を訪問し、川端博子校長(教育学部教授)と河野裕一副校長と懇談の後、内田綾香さん(教職大学院生)の案内で、算数、道徳、国語などのさまざまな授業を見学しました。どの授業でも教師と子どもたちが大変温かい雰囲気のなかで集中して学びに取り組んでいること、そして、学びのことを第一に考えた素晴らしい施設にも皆さんは大変感銘を受けていました。

WOUの先生方と、川端校長(一番右)
教職大学院生の内田さん(左から3番目)

体育の授業見学

午後に行われた国際本部国際室とのミーティングでは、埼玉大学の留学生の現況や、留学生対象の教育プログラム、さらに生活上の留学生サポートがどのように行われているのかについて、井原基国際企画室長、中本進一教授より説明しました。WOUの方々からは、埼玉大学への交換留学を促進したいとの力強いお言葉をいただきました。

夕刻に行われた山口宏樹学長への表敬訪問には、薄井俊二教育学部長、高橋哲准教授、北田佳子准教授が同席しました。日米における学校教育や教員養成の現状と課題の共有、率直な意見交換を通して、今後さらに協力関係を強化していくことを互いに確認しました。

左から髙橋准教授、薄井教育学部長、Dr. Alicia Wenzel、
Dr. Carmen Caceda、山口学長、Dr. Marcus Wenzel、
Dr. Xiaopeng Gong、北田准教授

山口学長を交えた意見交換

2日目 6月14日(金)

この日の午前は、教育学部内にて特別国際セミナーを開催し、WOUの4名の先生方がそれぞれの専門分野の視座から教育の諸問題について講義を行いました。いずれのテーマも大変興味深く、また日本に共通する課題も随所に見られ、今後いかに両大学が研究と教育の両面で連携していくべきかという道筋を示す内容でした。早朝からの開催にもかかわらず、本学の教職員・学部生・大学院生が多数参加し、大変活発な議論が交わされました。 

午後には教育学部教授会にて、WOUの4名の先生方からそれぞれ簡単なスピーチをいただきました。いずれの先生からも両大学の教育学部の国際交流を深めていきたいこと、そして、WOUに訪問の際は、現地の自然を楽しめるようなコーディネートをする旨お話をいただきました。全日程の終了後、WOUの先生方からは、2日間にわたる埼玉大学での交流が貴重な経験となったこと、そして、今後も両大学の教員養成を中心とする交流を深めていきたいとの感想をいただきました。

学生からの質問に一つ一つ丁寧に答えてくださいました

活発な議論の後、会場は和やかな雰囲気に

参考URL

特別国際セミナーについて| 2019.6.3 学内向け情報このリンクは別ウィンドウで開きます