埼玉大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 埼玉りそな銀行寄附講義が基盤科目化-講義「地域金融×地域創生入門」が始まりました

埼玉りそな銀行寄附講義が基盤科目化-講義「地域金融×地域創生入門」が始まりました

2019/4/25

初回講義の講師を務めた埼玉りそな銀行 池田社長

4月23日(火)、埼玉りそな銀行の寄附講義「地域金融×地域創生入門」の初回講義が行われ、埼玉りそな銀行の池田一義社長が「地域と金融」をテーマに講演しました。

この寄附講義は、本学と同銀行の協定に基づく取り組みとして2008年度から毎年行われており、地域経済・社会における「地域金融機関」の果たす役割への理解を深め、将来の地域経済を担う人材の育成を目的にしています。

平成30年度までは経済学部専門科目として開講されてきましたが、本年度より基盤科目として開講されることになり、埼玉大学の全ての学生が受講できるようになりました。(4月23日時点 学部別受講者数 教養学部:82名、経済学部:18名、教育学部:11名、理学部:8名、工学部:4名)

講義では、様々な分野の講師を招いて地域金融と地域創生について学び、学生は将来の地域経済を担う力を身につけていきます。

参考URL

地域金融×地域創生入門|ウェブシラバスこのリンクは別ウィンドウで開きます