埼玉大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 「埼玉大学グローバルキャンパスの集い2018」開催 Saitama University Global Campus Evening 2018 held

「埼玉大学グローバルキャンパスの集い2018」開催 Saitama University Global Campus Evening 2018 held

2019/1/9

2018年12月18日(火)に「埼玉大学グローバルキャンパスの集い2018」が開催されました。留学生と日本人学生との交流を図るとともに、本学が実施する国際教育プログラムを全学の学生に紹介することを目的としたこの会は、12月の恒例行事となっております。今年も本学の留学生、日本人学生のみならず、ボランティア団体など約200名の方が参加しました。

イベントではまず、山口学長が開会の挨拶を行い、続いて、留学経験のある5名の学生(留学生2名、日本人学生3名)が「留学がもたらすもの」と題してパネルディスカッションを行いました。

それぞれが持つ留学経験を通して、「留学」のもつ意義について考える良い機会となりました。

交流会は、パネルディスカッションの後、司会による「乾杯」の掛け声と共に始まり、国境を越えた交流がいたる所で見られました。

ステージ上では、ミャンマーのダンス、琴の演奏、民族衣装紹介、アカペラが披露され、最後に歌われたクリスマスソングは、会の終わりを告げると共に、私達に年の瀬を感じさせてくれました。

“Saitama University Global Campus Evening 2018” was held on December 18(Tue), 2018. Annually held in December, this event aims to promote interactions between the international students and Japanese students. More than 250 people, including some volunteers as well as the international students and Japanese students, enjoyed the event.

It started with the opening speech by President Yamaguchi, followed by a panel discussion by 5 students (2 international students and 3 Japanese students) on the theme of "What outcome can we expect from academic experiences abroad?”

It was a good opportunity making us think about the meaning of “study abroad” through each and everyone’s special experiences.

After the panel discussion, exchange party started by a toast. Interactions between multiple cross-cultural group of people seemed to take place during the party.

On the stage was the dance of the Myanmar group, multi cultural dress show, along with the performances of Japanese instruments and a cappella chorus group by the student circles.

A cappella Christmas songs announced that the party is coming to an end and also reminded us that the 2018 is ending soon.

学長挨拶(Opening speech by President Yamaguchi)

パネルディスカッション(Panel Discussion)

ミャンマーのダンス(Myanmar Dance)

琴の演奏(Japanese Instrument)

民族衣装紹介(Dress Show)

アカペラ(A cappella)