埼玉大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 埼玉りそな銀行寄附講義最終回 学生が銀行の新商品をプレゼンしました

埼玉りそな銀行寄附講義最終回 学生が銀行の新商品をプレゼンしました

2018/8/2

7月24日(火)、本学において埼玉りそな銀行の寄附講義「現代銀行経営論」(全14回)の最終講義が行われました。受講した学生約50人が8グループに分かれ、池田一義社長や本部の役員・部長らにスマートフォンのアプリを利用したサービスを提言しました。

この寄附講義は、本学と同銀行の協定に基づく取組として2008年度から毎年開講され、今回で11回目を迎えました。地域経済・社会におけ「地域金融機関」の果たす役割への理解を深め、将来の地域経済を担う人材の育成を目的として、全学部の学生を対象に実施されています。

今回のテーマは「スマホなどITを活用した近未来の魅力的な銀行商品・サービスの発案」とされ、銀行と投資家をつなぐアプリや、ゲームで投資を学べるアプリ、手軽に家計を管理できる家計簿アプリ等、ユニークなアイデアが出されました。発表後には、池田社長らが評価し、3つのグループが表彰され、高齢者を対象とするオレオレ詐欺等の特殊詐欺被害を防止し、離れて暮らす親の安否確認にも活用できる「高齢者をみまもる君」を提案したグループが最優秀賞を受賞しました。

池田社長は「どのチームも良い提案をしてくれ、プレゼンテーションも良かった。」と総表し、「アプリの提案という無から有を生む作業を通じて、考える機会を持ったことと思います。社会に出ると、答えの無い課題を解決する力が求められます。この力は考えることを繰り返すことで身につくものなので、大学では知識を身につけることとともに、考える力を養ってください。そして、考える際に助けとなる引き出しを多く身につけてください。特に哲学、歴史、文学等のリベラル・アーツに多く触れ、引き出しを増やすことを心掛けてみてください」と学生へアドバイスを送りました。

講義風景

埼玉りそな銀行の池田社長らに提言する学生たち

学生からの提言例

講評する池田社長

参考URL

寄附講義「現代銀行経営論」|Webシラバスこのリンクは別ウィンドウで開きます

埼玉りそな銀行による寄附講義「現代銀行経営論」が開講され、藤田正幸取締役兼専務執行役員による講義を開催このリンクは別ウィンドウで開きます

埼玉りそな銀行による寄附講義「現代銀行経営論」が開講されましたこのリンクは別ウィンドウで開きます