埼玉大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 本学卒業生の外務省大臣官房総務課 地方連携推進室長 渡邊信裕氏による講義を開催しました

本学卒業生の外務省大臣官房総務課 地方連携推進室長 渡邊信裕氏による講義を開催しました

2018/7/25

学生との記念撮影

埼玉大学教養学部では、日本と世界との結びつきを第一線で担って活躍されている方々を毎回講師にお招きし、講義や意見交換を通じてグローバルな問題を理解し、視野を広げ、自分の意見を形成することを目的とした講義「International Development Policy and Managementこのリンクは別ウィンドウで開きます」(担当:加藤 基 コーディネーター)を開講しています。

7月19日(木)の講義では、外務省大臣官房総務課 地方連携推進室より渡邊信裕氏を講師に迎え、「地方の国際的取組み・国際交流について」と題した講義を行いました。渡邊氏は本学教養学部の卒業生で、外務省入省後はインド、オーストリア、フィリピン、サンフランシスコ等の在外勤務を経験され、現在は地方と外国を結びつける地方連携推進室の室長として活躍されています。

講義は、地方がなぜ外交上の重要な役割を担っているかといった点や、姉妹都市提携の歴史やその役割等に始まり、大使館が主催となって駐日大使を地方へお連れし、その魅力を紹介する「地方を世界へ」プロジェクトや、在外公館を通じた地方の魅力発信等の貴重なお話しをいただきました。

「外務省」と「地方」という、一見すると相反する単語がテーマの講義でしたが、外交上非常に重要な役割を担う地方と外国を結びつける重要な業務について理解を深めることができ、大変有意義な講義となりました。

外務省大臣官房総務課
地方連携推進室長 渡邊信裕氏

授業後の記念撮影

参考URL

教養学部開設科目「International Development Policy and Management」|Webシラバス このリンクは別ウィンドウで開きます