埼玉大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 大学院理工学研究科 久保田 尚教授が「日本都市計画学会」新会長に就任

大学院理工学研究科 久保田 尚教授が「日本都市計画学会」新会長に就任

2018/7/12

大学院理工学研究科 環境社会デザイン学科 交通・計画グループの久保田尚教授が、「日本都市計画学会このリンクは別ウィンドウで開きます」の新会長に就任しました。

会長就任挨拶|日本都市計画学会ウェブサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

日本都市計画学会は昭和26年に創立され、現在では5571名(平成30年3月31日現在)もの会員が所属する、土木分野において歴史ある学会です。

同学会は全国に6支部を持ち、セミナーやシンポジウムの開催など、さまざまなプログラムの提供を行っています。また、学会誌「都市計画」や、「都市計画論文集」、「都市計画報告集」の定期刊行のほかに、「新・都市計画マニュアルⅠ・Ⅱ」や、「東日本大震災合同調査報告―都市計画編」、「60プロジェクトによむ日本の都市づくり」といった都市計画に関する書物を刊行しています。

2018年7月に発行された学会誌「都市計画333号」では、埼玉県の都市計画を特集した「特集:埼玉を『解剖』する」が掲載されています。学会長に就任した久保田教授による巻頭言「埼玉から都市を考えてみた」のほかに、同研究グループ所属の小嶋文准教授による記事「多様な地域性と埼玉の交通-交通の概況と新たな取り組み」が掲載されています。

参考URL

久保田 尚(クボタ ヒサシ)|埼玉大学研究者総覧このリンクは別ウィンドウで開きます

工学部 環境社会デザイン学科ウェブサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます