埼玉大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 埼玉大学産学官連携協議会 第19回定期総会・産学連携事例発表を開催

埼玉大学産学官連携協議会 第19回定期総会・産学連携事例発表を開催

2018/6/6

5月30日(水) 大宮ソニックシティ市民ホールにおいて、埼玉大学産学官連携協議会 第19回定期総会(第1部)、産学官連携事例発表(第2部)及び交流会(第3部)を開催しました。協議会会員を中心に160名を越える方に参加いただきました。

上條正仁会長

山口宏樹学長

定期総会では、上條正仁会長の挨拶に次いで、関東経済産業局地域経済部 青木宏 次長、埼玉県産業労働部 石川英寛 副部長、さいたま市経済局 吉沢浩之 局長から祝辞が述べられ、引き続き山口宏樹学長より挨拶がありました。議事として、平成29年度事業報告案及び決算案、平成30年度事業計画案及び予算案、役員の改選について、それぞれ報告及び提案があり、満場一致で承認されました。


本田有明氏による特別講演

第2部の産学官連携事例発表は、本田コンサルタント事務所代表 本田有明氏より「伝説の経営者に学ぶ行動指針」と題し、特別講演をいただきました。著名な経済人の発言を切り口に、組織のマネジメントや活性化にむけた経営者の在り方について、分かりやすく講演いただきました。

続いて、大学院理工学研究科 小林貴訓准教授より「演者と観客の一体感を増強する双方向ライブ支援システム」、大学院人文社会科学研究科 金子秀教授より「IoT時代に於ける企業経営の論点」と題して、研究トピックスの紹介が行われました。
また、 株式会社デサン 代表取締役社長 藤池一誠氏より「研究会活動にみる産学官連携事例」と題し、防災ビジネス研究会の活動を通じた産学官連携の取り組みについて講演が行われました。
次いで、オープンイノベーションセンター長 松岡浩司教授より「『埼玉大学研究シーズ集2018-19』および『埼玉大学開放特許集』のご紹介」と題して、埼玉大学の持つシーズや知的財産の活用を呼びかけました。
また、堀田香織副学長より「『彩の国女性研究者ネットワーク』の設立」と題して、女性研究者ネットワークへの参画呼びかけおよびダイバーシティ事業の紹介が行われました。

交流会にも引き続き多くの方に参加いただき、講演者や参加者の間で活発な交流が行われました。伊藤修副会長からは、大学と企業・団体間でより密接な連携を図るべく、体制を強化していきたいとの挨拶がありました。

参考URL

産学官連携ウェブサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます