埼玉大学

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 第14回埼大ワールドカップを開催 -県内企業8社と留学生がフットサルで国際交流-

第14回埼大ワールドカップを開催 -県内企業8社と留学生がフットサルで国際交流-

2018/5/21

5月12日(土)、レッズランドにて第14回埼大ワールドカップが開催されました。埼大ワールドカップは、「フットサルを通して埼玉大学の留学生と、埼玉県内の企業の国際交流を促進すること」を目的としており、主に学生の国際交流サークル「埼大ワールドカップ」によって運営されています。当日は天候にもめぐまれ、会場では選手達の熱い試合がみられました。

全出場チームで記念撮影

今回は、企業からAGS、(株)G.W.Japan、(株)アズ企画設計、(株)アパマンショップ、(株)オカモト、サイサン、武蔵野、リンクパートナー協同組合の8チーム、埼玉大学からは中国、ネパール・ミャンマー、バングラデシュ、ベトナムの4チームの留学生チームが参加しました。今大会初参加となったチーム「G.W.JAPAN」は、チームリーダーが埼玉大学を卒業した留学生で、学生時代は留学生チームとして埼大ワールドカップに参加していた学生。今回は企業側の参加者として再び埼大ワールドカップに参加することになり、実行委員は「卒業してからも参加してくれることに胸が熱くなった」と語りました。

今大会の順位は下記のとおりです。

1位 (株)アズ企画設計  2位 サイサン  3位 ベトナム留学生

受賞式には顧問の長沢准教授も駆けつけ、多くの方のご支援のもと、今大会も無事大成功という結果になりました。
「今後も留学生と日本の企業人と交流をする場として活動を続けて参ります」と実行委員は次回以降の大会についての抱負を述べました。

参加者の皆さまありがとうございました!

試合の様子

優勝した(株)アズ企画設計チームと長沢准教授

2位のサイサンチーム

3位のベトナム留学生チーム

参考URL

埼大ワールドカップ|ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます