埼玉大学

ニュース一覧

附属特別支援学校の生徒が本学で職場体験をしました

2017/11/21

10月18日(水)、教育学部附属特別支援学校の中学部3年生が、職場体験学習で本学を訪れ、郵便の仕分けや配達、シュレッダーの使い方など様々な業務の手伝いを行いました。

この取り組みは、同支援学校で学ぶ「働く」をテーマとする生活単元学習の一環として実施。埼玉大学には同支援学校の卒業生も勤務しており、先輩の働く姿を見たり、体験することで、働く意味や自分のやりたいことを考える機会をつくり、働くことに肯定的なイメージを持ってもらうことを目的としています。

シュレッダーの使い方を学ぶ生徒たち

シュレッダー前に、ホチキスの針も取ります

先輩職員も後輩が来るのを楽しみにしていたようで、生徒たちを暖かく出迎え、はじめは少し緊張気味の生徒たちも、慣れてくると笑顔が見られました。シュレッダーの仕事では、ホチキスの針を取る、シュレッダーできる分量の紙を取って渡す、シュレッダーにかける、一杯になった袋を捨てに行くといった仕事をしました。先輩職員が休まずに作業をする姿を見ながら、進んで仕事に取り組む姿勢はとても頼もしいものでした。

郵便物の仕分けをする様子

配達の手伝いもしました

学内便の仕事では、郵便の仕分け、配達の準備、配達、片付けを行いました。先輩職員に教えてもらいながら、先生宛の郵便は、何学部なのか名簿を調べてポストに入れたりしました。帰校した生徒たちは「先輩のように格好よく働きたい」と意気込み、授業により集中する姿がみられました。

【参考リンク】

教育学部附属特別支援学校ウェブサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます