埼玉大学

ニュース一覧

東京ステーションカレッジ移転に伴う開所式を開催しました

2017/6/7

埼玉大学は、2017年4月にこれまでJR東京駅サピアタワー内に設置してきたサテライトキャンパス「東京ステーションカレッジ」を、千代田区神田須田町に移転しました。この新たなスタートを記念し、6月2日(金)に同カレッジ内で開所式を開催し、本学の関係者や来賓ら25名が新たな門出を祝いました。

この度の移転は、官界や産業界の第一線で活躍する専門家に現職のまま教育研究指導に参画いただくこと、通学の利便性などを考慮したもので、JR秋葉原駅をはじめ5つの駅に徒歩でアクセスが可能になりました。式典で山口宏樹学長は「多様な学問と多様な学生が一つのキャンパスに集まりやすい埼玉大学のサテライトキャンパスである東京ステーションカレッジの機能を強化して存在をアピールし、社会人学生だけではなく、今後は日本人在学生や留学生と協働できるような場にしていきたい。」とあいさつしました。

続いて、伊藤人文社会科学研究科長による研究科の概要や特色、及び東京ステーションカレッジが果たす役割について説明が行われ、最後に、客員教授の水野和夫 法政大学法学部教授と神津多可思 リコー経済研究所所長よりご挨拶をいただきました。

開所式の様子

挨拶する山口学長

概要説明をする伊藤人文社会科学研究科長

東京ステーションカレッジ


【参考URL】

人文社会科学研究科ウェブサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます