埼玉大学

ニュース一覧

  • Home
  • ニュース一覧
  • 「埼玉大学出張市民講座in桶川」で大学院人文社会科学研究科 伊藤博明 教授が講演しました

「埼玉大学出張市民講座in桶川」で大学院人文社会科学研究科 伊藤博明 教授が講演しました

2017/02/10

1月22日(日)、大学院人文社会科学研究科の伊藤博明教授が、おけがわマインで「あらためて聴く世界遺産の魅力~国内登録遺産から、さきたま古墳まで~」と題した講演を行いました。

この講演は、桶川市が市民の「学び」のニーズに応えるため、大学の保有する知財を活用し「みんなで考える力」「解決する力」「活力を生む力」を育むことにより市を活性化することを目的とした事業の一環として開催され、当日は30名の定員を超える市民の方々が聴講に訪れました。

伊藤教授は、世界遺産の条件と基準、また選定のプロセスについて述べたあと、国内で世界遺産に登録された20件の事例について、とりわけ、最近登録された「明治日本の産業革命遺産」および、国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」について詳しく解説しました。また世界遺産登録をめざしている、行田市の「さきたま古墳群」についても紹介しました。満員となった会場では、聴講者が熱心にメモを取る姿も見られ、講演の終了後も残って教授に質問する人が多数おりました。

伊藤教授による講演

【参考URL】
伊藤 博明(イトウ ヒロアキ)|研究者総覧このリンクは別ウィンドウで開きます
大学院人文社会科学研究科このリンクは別ウィンドウで開きます
「埼玉大学出張市民講座in桶川」で大学院理工学研究科 坂井貴文 教授が講演しましたこのリンクは別ウィンドウで開きます