埼玉大学

ニュース一覧

白石和子外務省参与による講義を開催しました

2016/7/8

7月7日(水)、埼玉大学では教養学部開設科目「International Development Policy and Management」(担当:加藤 基 客員教授)に、白石和子外務省参与(前女性人権人道担当兼北極担当特命全権大使)をお迎えして講義を開催しました。

講義の様子

講義をする白石外務省参与

この科目は、日本と世界との結びつきを第一線で担って活躍されている方々を毎回講師にお招きし、講義や意見交換を通じてグローバルな問題を理解し、視野を広げ、自分の意見を形成することを目的としており、当日は教養学部はじめ経済学部、教育学部、理学部の学生や留学生も含め、20名以上の参加がありました。

白石参与からは、「女性のエンパワーメントと日本の課題」というテーマで、世界における男女共同参画についての現状や課題、女性の活躍推進に資するための日本政府の取組、今年開催された伊勢志摩サミットでの女性活躍に関するG7イニシアティブ、いまなお残る多くの課題等について、豊富な国際経験に基づき、多数の具体的な事例を交えてご紹介いただきました。また参加者を交えて、女性の活躍推進と男性の育児参加や就業対策との関連、男女共同参画についての外国と日本の環境の違い、さらには白石参与が現在も担当をされている北極の現状についてまで、幅広い分野で活発な意見交換が行われました。

参考URL

学生が駐日欧州連合代表部を訪問 Introduction to the EU, EU-Japan relations