• ホーム
  • テニュアトラック普及・定着事業概要
  • 卓越研究員事業概要
  • 研究者紹介
  • 研究成果
  • お知らせ
  • イベント
  • 公募情報

研究者紹介研究者の連絡先、プロフィール、研究活動の詳細情報を閲覧出来ます。
埼玉大学 研究者総覧:http://s-read.saitama-u.ac.jp/researchers/

プロフィール Profile

鶴見 太郎 ツルミ タロウ Taro Tsurumi

事業内容
テニュアトラック普及・定着事業 
研究分野
歴史社会学
[Historical sociology]
着任日等
平成26年4月 1 日 着任
平成28年3月31日 転出
平成28年4月 1 日~
東京大学大学院総合文化研究科 准教授

研究者総覧ページ

トリミング①【鶴見先生】プロフィール写真

キーワード

エスニシティ、ナショナリズム、ロシア・ユダヤ史、シオニズム、パレスチナ問題
[Ethnicity, Nationalism, Russian Jewish history, Zionism, The Israeli-Palestinian conflict]

経歴

【学位・資格等】
2010年3月
博士(学術)(東京大学)「ロシア・シオニズムの想像力1881-1917-帝国における非ユダヤ人の影と社会という位相」
【学歴】
2000年4月
東京外国語大学 外国語学部 英語専攻入学
2004年3月
同卒業
2004年4月
東京大学大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻 相関社会科学分野 修士課程入学
2006年3月
同修了
2006年4月
同博士課程入学
2010年3月
同修了、博士(学術)
【職歴】
2006年4月 ~2009年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2006年7月 ~2007年9月
エルサレム・ヘブライ大学ロスバーグ国際校 客員研究員
2009年4月 ~2012年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
2010年4月   ~9月
エルサレム・ヘブライ大学人文科学部 博士後研究員
2012年4月   ~9月
東京大学教養学部 非常勤講師
2012年4月   ~9月
明治学院大学 非常勤講師
2012年8月 ~2014年3月
日本学術振興会 海外特別研究員
2012年8月 ~2014年3月
ニューヨーク大学ヘブライ・ユダヤ学科 客員研究員
2014年4月 ~2016年3月
埼玉大学研究機構研究企画推進室准教授
【着任後 受賞】
2014年12月
第11回(平成26年度) 日本学術振興会賞
2015年 1 月
第11回(平成26年度) 日本学士院学術奨励賞

研究の内容(概要)

イスラエルとパレスチナは、現在も頻繁にニュースになる紛争地として知られています。この紛争は、19世紀末にロシア帝国で開始されたユダヤ人のシオニズム運動と呼ばれる一種のナショナリズムがその主要な契機となっています。                   私の研究は、その歴史に社会学的な視点から切り込んでいくというものです。20世紀初頭の時点でヨーロッパのユダヤ人の過半数が暮らしていたロシア帝国において、ユダヤ人は被差別マイノリティでした。そうした社会学的な条件が、シオニズムの経路を考えるうえで非常に重要になってきます。シオニズム運動は、パレスチナという地にユダヤ人の民族的拠点を設置することを目指す運動でしたが、それはロシア帝国においてユダヤ人の地位をいかに向上させるかという観点からも生まれていました。                     そのロシア帝国は1917年に崩壊します。それまでの歴史については、著書『ロシア・シオニズムの想像力』(2012年)のなかで論じましたが、現在は、シオニズム運動に対して潜在的に重要な基盤を提供していたロシア帝国の崩壊が、運動やその思想にどのような影響を与えたのか、シオニズム以外の方向に向かっていたユダヤ人の動きとも比較しながら研究を進めています。                一次資料としては、ロシア語の、特にユダヤ人が出していた定期刊行物を主体としていますが、英語やヘブライ語の一次資料や研究文献、場合によってはドイツ語やイディッシュ語資料にもあたっています。

IMG_0359
埼玉大学研究機構テニュアトラック第一回 シンポジウム         「民族の罠-ユダヤ人とパレスチナ人の場合-」開催

平成26年8月2日(土)、埼玉大学構内の理工学研究科棟7階・国際セミナー室にて、第一回目となるテニュアトラックシンポジウム「民族の罠」を開催し、67名の方にご参加いただきました。                講演ではユダヤ人やイスラエル、パレスチナ人にまつわる歴史や現状を紐とき、続くパネルディスカッションでは、ご聴講の皆さまにも積極的にご参加いただき、白熱した討論が繰り広げられました。             ■ シンポジウムのようす → http://www.saitama-u.ac.jp/iron/tt/1442



このページの上へ ▲