• ホーム
  • テニュアトラック普及・定着事業概要
  • 卓越研究員事業概要
  • 研究者紹介
  • 研究成果
  • お知らせ
  • イベント
  • 公募情報

研究者紹介研究者の連絡先、プロフィール、研究活動の詳細情報を閲覧出来ます。
埼玉大学 研究者総覧:http://s-read.saitama-u.ac.jp/researchers/

プロフィール Profile

李 漢洙 リー ハンスウ Han soo Lee

事業内容
テニュアトラック普及・定着事業 
研究分野
海岸工学、沿岸域における防災・減災、海面上昇評価予測、台風気候学、大気・海洋相互作用
[Coastal engineering, Natural hazards and disaster mitigation in coastal regions, Sea level rise and its projection, Typhoon climatology, Air-sea interaction]
着任日等
平成26年4月 1 日 着任
平成28年3月31日 転出
平成28年4月 1 日~
広島大学大学院国際協力研究科 准教授

研究者総覧ページ

トリミング済み【李先生】プロフィール顔写真

キーワード

数値モデル、台風・高潮・高波・津波、大気・波浪・海洋結合モデル、海面上昇、経験的モード分解、Hilbert-Huang変換
[Numerical model, Typhoon・storm surge・storm wave・tsunami, Atmosphere・wave・ocean coupled model, Sea level rise, Empirical mode decomposition, Hilbert-Huang transform]

経歴

【学位・資格等】
2007年9月
博士(工学)(京都大学)
「Regional Disaster Events and Environment Simulations by Atmosphere-Ocean Coupled Model」
【学歴】
1994年 3月
(韓国)成均館大学 土木工学科 入学
2002年 2月
同卒業
2002年 3月
成均館大学土木環境工学科 修士課程入学
2004年 2月
同卒業
2004年10月
京都大学大学院工学研究科 社会基盤工学専攻 博士課程入学
2007年 9月
同修了、博士(工学)
【職歴】
2007年10月
広島大学大学院国際協力研究科 COE研究員
2008年 4月
広島大学大学院国際協力研究科 博士課程後研究員
2008年10月
広島大学大学院国際協力研究科 特任助教
2010年 4月
広島大学大学院国際協力研究科 助教
2014年 4月 ~2016年3月
埼玉大学研究機構研究企画推進室准教授

研究の内容(概要)

沿岸域は、古くから様々な人間活動が行われており、現在の地球上の人口の約44%が岸から150㎞以内の沿岸域に住んでいます。    一方、沿岸域は、嵐や台風などによる高波、高潮、洪水、氾濫や海底での地震、火山噴火、斜面崩壊による津波など、多くの災害に常にさらされています。それぞれの災害について、その原因となる各要素の物理過程と要素間の相互作用に関する理解なしでは災害の再現、評価、予測は不可能になります。                                                私の研究は、大気‧波浪‧海洋の数値モデルを用い、これらの沿岸域災害の物理過程と要素間の相互作用の理解、再現、予測に重点を当てています。また、地球温暖化に伴う台風活動の変化、海面上昇などのような長期的な災害環境の変化が沿岸域にもたらす影響の評価についても研究を進めています。                                                  【英訳】According to the UN Atlas of the Oceans, about 44% of the world’s population lives in coastal areas within 150 km of the sea. On the other hand, coastal regions are constantly exposed to natural hazards and disasters such as storm waves, storm surges, floods and inundations due to tropical cyclones and storms, and tsunamis due to underwater earthquake, volcanic eruption, and landslides. For each disaster, it is not possible to reproduce, evaluate and even predict it without understanding the physical processes of each element as a cause and the interaction among the elements. My main research is focusing on understanding of the physical processes and the interactions of elements in natural hazards and coastal disasters, and further on evaluating and predicting those hazards and disasters, by using numerical models for atmosphere, waves, and ocean. Recently, I am also interested in the potential impacts of long-term variability of disaster forcing such as typhoons activity and sea level rise on coastal environment.                                      【韓国語訳】연안역은 옛부터 다양한 인간활동이 이루어지고 있으며, 현재 지구상 인구의 44%가 바닷가로부터 150km 이내의 연안역에 살고 있습니다. 반면, 연안역은 폭풍, 태풍 등에 의한 고파, 폭풍해일, 홍수, 범람 및 해저의 지진, 화산폭발, 사면붕괴에 의한 지진해일 등, 많은 재해에 항상 노출되어 있습니다. 이러한 각각의 재해에 대해, 그 원인이 되는 각 요소들의 물리과정과 요소들 간의 상호작용에 대한 이해가 없이는 재해의 재현, 평가 및 예측은 불가능하게 됩니다. 저의 연구는 대기, 파랑, 해양의 수치모델을 이용하여, 이러한 연안역 재해의 물리과정 및 요소간 상호작용에 대한 이해, 재현, 예측에 중점을 두고 있습니다. 또한, 지구온난화에 따른 태풍활동의 변화, 해수면상승 등과 같은 장기적 재해환경변화가 연안역에 가져올 영향에 대한 평가에 대해서도 연구를 진행하고 있습니다.

【李先生】写真-1 並列計算機
大気・波浪・海洋結合モデルを用いた、                沿岸・河口域における災害・減災に関する研究             (左側の高性能並列計算環境を利用します)

Research on natural hazards and disaster mitigation in coastal and river mouth areas by using an atmosphere・wave・ocean coupled model.(We use an high performance parallel computing platform in the left.)
図面-2JPEG
砕波過程に介した大気‧海洋相互作用の模式図

Air-sea interaction process via breaking waves.
図面-3jpeg
瀬戸内海における南海トラフ地震による巨大津波と潮汐の相互作用

Tsunami-tide interaction due to a potential Nankai Trough earthquake in the Seto Inland Sea.
図面-4 - コピー
相対性海面上昇評価と予測

Estimation of relative sea level rise and its projection.

このページの上へ ▲