• ホーム
  • テニュアトラック普及・定着事業概要
  • 卓越研究員事業概要
  • 研究者紹介
  • 研究成果
  • お知らせ
  • イベント
  • 公募情報

お知らせ

  • ホーム>
  • お知らせ>
  • [2014.11.26] ニール・ベズ准教授(理工研・数学)の研究が、埼玉新聞のサイ・テクこらむ「知と技の発信」において、「現代調和解析とその応用」として掲載されました

[2014.11.26] ニール・ベズ准教授(理工研・数学)の研究が、埼玉新聞のサイ・テクこらむ「知と技の発信」において、「現代調和解析とその応用」として掲載されました

2014.12.1

テニュアトラック教員のニール・ベズ准教授が、「埼玉大学・理工学研究の現場 現代調和解析とその応用」と題して、平成26年11月26日付 埼玉新聞 5面「サイ・テクこらむ 知と技の発信」に掲載されました。

「調和解析は現在、純粋数学や応用数学でも非常にアクティブな研究分野である。                        そもそも調和解析とは、フランスの物理学者Joseph・Fourier(ジョセフ・フーリエ、1768-1830)が固体内の熱伝導を理解するために発明した数学の分野である。 現在これは「Fourier解析」と呼ばれ、調和解析へと発展した。                  (中略)現在では数学だけではなくあらゆる科学に広々と応用されている。                          (中略)日々の生活の中ではデジタルメディア、特にJPEGやMP3のデータ圧縮アルゴリズムに使用されている—」(抜粋)

 

■ 埼玉新聞掲載の詳細については こちら  をご覧ください(埼玉大学のホームページに飛びます)

■ ニール・ベズ准教授に関する詳細こちら

このページの上へ ▲